ぼちぼちカメさん 日常を綴る日記

好きな物や気になったものを紹介していきます

まとめ ゲーム

Cuphead(カップヘッド) ボスキャラ敗北時のセリフまとめ

投稿日:2018年3月8日 更新日:




皆さん、「Cuphead」(カップヘッド)というゲームをご存知ですか?

 

Xbox oneやPCで遊ぶことができる洋ゲーで、まるで昔懐かしい1930年代のカートゥーン映画を彷彿とさせるグラフィックや演出、モーション、そしてその鬼畜な難易度が大きな話題を呼び、発売2週間でミリオンセラーを記録したまさに今話題のソフト。

 

基本的な内容としては、各々のステージで待ち構える様々なボスキャラとたたかうアクションシューティングゲームなのですが、そのボスに敗北した時に様々な台詞を我々に投げかけてくるのも特徴。

 

この決め台詞(?)がそれぞれボスごとに凝ったものになっており、それを読むのもなかなか面白いです。

 

 

というわけで今回は、カップヘッドに登場するボスキャラに敗北した時のセリフをまとめてみたいと思います。

 

私自身英語はあまり得意ではないので日本語訳は分かるものだけ付けています。(随時更新予定) あまりあてにならない上に一人称と口調も私の想像でつけています。 だいたいこんな意味なんだなっていうのが分かれば幸いです。

 






 

 

 

 

エリア1

 

The Root Pack(野菜のやつ)

 

Buttered, smashed, and mashed.  It’s over for you.(じゃがいも)

(バターを塗られて、たたかれて、潰された。 お前はもう終わりだ)

※相手がジャガイモなので。

 

 

Hey, little guy, It’s OK, if you have to cry !(たまねぎ)

(やあおちびさん、もし泣かなきゃならなくても、大丈夫だよ!)

 

 

I’m lean, mean, and full of beta-carotene.(にんじん)

(私はやせていて意地悪で、ベータカロテンたっぷりなのだ)

 

 

 

Goopy Le Grande(青いスライム)

 

With a face like mine is it a crime to be bouncing all the time?

 

I’m a handsome slime bringing pain — one bounce at a time!

 

I’m very smashing… even in grave situations!

(俺はすごく興奮している…墓の中にいてもな!)

 

 

 

Ribby and Croak(カエル兄弟)

 

We’ve had fightin’ souls since we’ve been tiny tadpoles.

 

Crude and bad, ‘cause we’re from the wrong side of the lily pad.

 

You went for broke and now you’re croaked!

 

 

 

Hilda Berg(飛行船)

 

Fittin’ isn’t it?   I’m a blimp — you’re a wimp.

(ぴったりでしょう? 私は飛行船で、あなたは弱虫)

※blimpとwimpをかけている。

 

You won’t get too far… it’s been foretold in the stars.

(あなたはこれ以上先には行けない…それは星によって予言されているから。)

 

You lost too soon and I was only half moon!

(あなたはすぐに敗れた、そして私はただの半月!)

※soonとmoonをかけている。

 

 

 

Cagney Carnation(花)

 

Fools who attempt to fight this will leave with allergic rhinitis!

(俺に挑もうとする愚か者はアレルギー性鼻炎になるのだ!)

 

Extreme pollination and total domination!

(究極の受粉そして完全な支配を!)

 

 

 

Run ‘n’ Gun(横スクロールアクションステージ)

 

 

Forest Follies

 

Nowhere to run, nowhere to go – this forest is yer foe!

(逃げ場なんてないし、行く場所もない。 この森こそお前の敵だ!)

 

 

Treetop Trouble

 

Who invited you into our tree?  Only members are welcome, ya see?

(誰が私たちの森に招待した? この森は会員限定なんだ、分かるだろう?)

 

 

 

 

 

エリア2

 

 

Baroness Von Bon Bon(お菓子の女王)

 

For me, a sweet tooth is fiendishly uncouth!(たけのこの里みたいなやつ)

(俺にとっては、甘い歯はひどいくらい無様なもんだな!)

 

Delicious and vicious, while maliciously nutritious.(カップケーキ)

 

 

How’s the jaw, ol’ chum?(パックマンみたいなやつ)

(君のアゴはどうだい?)

 

I chew ‘em up and spit ‘em out.(ガムボールマシン)

(私はそいつを噛んで、吐き捨てるのさ!)

 

Straight off the iron and too hot to handle!(ワッフル)

 

I won’t sugarcoat it…you never stood a chance!

(はっきり言って…あなたに勝ち目はないわね!)

※sugarcoat…体裁をよくする、オブラートに包む的な意味。 お菓子の国の姫ということでこの単語が使われた。

 

 

Djimmy the Great(ランプの魔人)

 

You look the fool, falling for the first trick I learnt at genie school.

(お前はまるで、ランプの魔人学校で習う初歩のトリックに引っかかるほどの馬鹿だな。)

 

You didn’t really stack up.

(お前は本当に話にならんな)

※stack upには飛行機の旋回待避を指示するという意味もあり、飛行船ステージということでこの語句が使われたと思われる。

 

Do you need to borrow my sarcophagus?

(私の棺桶を貸してやろうか?)

※sarcophagusは、ギリシャ・ローマ時代の、精巧な装飾が施された石棺のこと。 ボスが古代エジプト時代風の棺桶だからね。

 

That beating was for free – no strings attached!

 

I need a new volunteer…this one collapsed in fear!

(新しいボランティアが必要なようだな…恐怖で崩れ落ちるようなやつをな!)

 

 

Beppi the Clown(ピエロ)

 

Why’d the clown drive over the cup?  He wanted to crack him up.

(なぜピエロはカップを乗り回すのかって? そいつを壊したいからさ!)

 

What’d the balloon animals think of the cup?  Quite the gob-let-down!

 

 

Knock knock.  Who’s there?  Charlie.  Charlie who?  Charlie horse!

(コンコン。 どちらさまですか? チャーリーです。 チャーリーって誰? チャーリーホースさ!)

※この時Beppiは木馬にまたがっており、足の痙攣やこむら返りを意味する「Charlay horse」とかけたシャレ。

 

What do you call a cup that falls off a swing?  A tumbler!

(ブランコから落ちるカップってな~んだ? タンブラーさ!)

※tumblerは体操選手や曲芸師の意味も持ち、それとコップのタンブラーをかけたなぞなぞ。

 

 

Wally Warbles(鳥)

 

I own the air — I fly where eagles dare!

 

 

My dad’s brawn and I’m all brains!  Together we bring the pain.

(父さんは力で僕は頭脳! 僕たち2羽で痛みを与えるのさ)

 

Even without feathers, you’re in for stormy weather!

(たとえ羽がなくとも、お前は嵐の中だ!)

 

 

 

Grim Matchstick(ドラゴン)

 

※このボス、ピグレットみたいにはにかみ屋なのかどもって喋る。

 

 

Don’t m-m-m-misunderstand my flames – I just meant fun and games.

(ごごごご誤解しないでほしいんだけど、僕はただゲームを楽しみたいだけなんだ)

 

 

Sorry, I didn’t mean to put you in the h-h-h-hot seat…

(ごめんよ、僕は君をくくくくく苦しめるつもりはなかったんだ…)

 

 

One, two, three!  You’d b-b-better flee!

(1,2の3! に、逃げた方がいいぞ!)

 

 

Run ‘n’ Gun

 

 

Funfair Fever

 

You did look foolish today, but clown tryouts are next week.

(今日のきみは滑稽に見えるな、だがピエロの試験は来週だぞ)

 

 

Funhouse Frazzle

 

We ain’t toyin’ around with you, now scram!

(ぼくたちはお前と遊んでる暇はないんだ、さっさと出ていけ!)

 

 

 

 

 

エリア3

 

 

Rumor Honeybottoms

 

Doggone!  We got ourselves a good ol’ fashioned honey heist.

 

Hey sugar, this honey is off limits.  Now scram.

 

Dominate and bombinate – that’s how I bee!

(支配そして蜂の飛行! それこそ蜂たる私の存在意義!)

※be動詞と蜂のbeeをかけたシャレと思われる。

 

 

 

Captain Brineybeard

 

Yer skills be like me buried treasure…just a myth!

(お前の力はまるで俺が埋めたお宝のよう…ただの神話さ!)

 

HAW-HAW-HAW-HAW-HAW!

(ハーッハッハッハッハッハッハ!)

 

 

 

Werner Werman

 

※このボスはドイツ語なまりの英語を話すため、日本語も関西弁で訳しています。

 

Zat vas easy as ein, zwei, drei!(That was easy as one, two, three!)

 

 

Zis tank is ze ultimate veapon.  You vill not vin!(This tank is the ultimate weapon.  You will not win!)

(この戦車は究極の兵器なんや! あんたでは絶対に勝てへんで!)

 

 

Hiss! Hiss! Me-e-e-e-eow!!

(フーッ!フーッ!ミャーーーーオウ!!)

 

 

 

Cala Maria

 

You’re a cutie…I am not sure if I should catch and release!

(あなたって本当にかわい子ちゃんね…キャッチアンドリリースするかどうか分からないけどね!)

 

You dare to gaze?!  How ‘bout stone boots so you can swim with the fishes!

(あえて私を見つめるっていうの?! お魚さんと泳げる石のブーツなんてどうかしら!)

 

Holy mackerel!  Is that your best effort?

(なんて弱いの! それがあなたの全力なの?)

※Holy mackerel…「なんてこった!」と驚きを表す感動詞。 mackerelはマグロ類の魚をあらわす単語で、バトルの舞台が海ということでこの単語が選ばれたと思われる。

 

 

 

Dr. Kahl’s Robot

 

OBJECT COMPLETED.  TARGET SCRAPPED.

(目的タッセイ。 ターゲットヲ粉々ニシマシタ。)

 

MALFUNCTION.  MALFUNCTION.

(異常発生! 異常発生!)

 

I have the perfect equation to hinder yer evasion!

(わしは君が回避できない完璧な方程式を持っているのじゃ!)

 

 

 

Sally Stageplay

 

Break a leg, nah, break two!

(成功を祈るわ、いや、大成功をね!)

※break a legで、成功するという意味。 彼女は皮肉を込めて言ったのだろうか?

 

Stay away from center stage or succumb to the power of a starlet’s rage!

(ステージ中央からどきなさい、さもなくば若手女優の怒りに屈することになるわよ!)

 

Good riddance – go away!  It is time for my soliloquy.

(厄介払いめ…出ていきなさい! これから私の独白の時間なのよ!)

※劇場における独白とは、相手なしで1人でセリフをしゃべること。 いわゆるモノローグ。

 

Please exit stage left during my standing ovation!

(スタンディングオベーションの間に劇場左の出口から退場しなさい!)

 

 

Phantom Express

 

I can see…into the future.  You will…be counting worms.

(我は未来が…見える。 お前は…虫を数えるだろう)

 

All aboard!!  Next stop – your funeral.

(発車します!! 次の停車駅は…君の葬式だ)

 

Sorry!  This train is only for the dead…but we can help you with that!

(申し訳ありません! この電車は死人専用車両となっています…ですが我々がそれを手伝うことはできます!)

 

What a glorious night for me to bring the fright!

(なんと恐怖をもたらすにふさわしい美しい夜だろうか!)

※nightとfrightをかけている

 

 

Run ‘n’ Gun

 

Rugged Ridge

 

The Fish Federation and the Crustacean Nation are victorious again!

(魚連邦と甲殻類国家は再び勝利を収めた!)

 

 

Perilous Piers

 

You’ never best a bluff, persevere a peak, or curb a cliff – just give up now!

 

Fee fi fo fum, I’m the guardian of this ruined land.

(ヒーハイホーハーン! 我こそはこの廃墟の番人である。)

※「ヒーハイホーハーン」とは、おとぎ話などで巨人が登場する時の決め台詞のようなもの。

 

 

 

 

 

Inkwell Hell(最終ステージ)

 

All Bets Are Off

 

Tipsy Troop(お酒のグラス)

 

Go sleep *hic* it off…you look a little *hic* rough!

(お前少し(ヒック)寝た方がいいぞ…お前少し(ヒック)顔色悪いぞ!)

 

 

Chips Bettigan(チップ)

 

Hey short stack!  This ain’t a place you wanna be hanging ‘round.

(おいそこのお前! ここはお前がうろついていい場所じゃないぜ)

 

 

Mr. Wheezy(葉巻)

 

Looks like you could use some fresh air.

(どうやら新鮮な空気を吸った方が良さそうだな)

 

 

Pip and Dot(ドミノ)

 

You set them up.  I’ll knock them down.

(あなたが(ドミノを)並べなさい 僕(or私)が倒すから)

 

 

Hopus Pocus(ウサギマジシャン)

 

…and PRESTO!  The cup has completely disappeared.

(それっ! カップはきれいさっぱり消えてしまいました。)

 

 

Phear Lap(馬の骨のやつ)

 

This derby is over and thee results are in.  Last place…YOU!

(ダービーは終わり、結果は出た。 最下位は…お前だ!)

 

 

Pirouletta(ルーレット娘)

 

Ah-ha!  You’ve noticed that my style very Russian!

(ハハッ! 私のスタイルがまさにロシアンルーレットだと気づいたようね!)

 

 

Mangosteen(ビリヤード玉)

 

Fault, scratch and choke – are you trying to hustle me?

 

 

Mr. Chimes(シンバルモンキー)

 

Monkey see, monkey doom.

(猿が見て、猿が運命を決める)

 

 

 

King Dice

 

So clever, so dapper, ya betta’ believe this dice is loaded.  Hi-de-ho!

(賢明で小粋なお前たちは、このサイコロに鉛が仕込まれていることを信じたほうがいいぞ。 イヤッホー!)

※ギャンブルにおいて、サイコロに鉛の重りを仕込むことで特定の目が出やすくするイカサマが行われたことがある。

 

 

The Devil

 

You broke our deal…now it’s my turn to break you!!!

(お前は約束を破った…今度は俺が破る番だ!)

 

Anyone who opposes me will be destroyed!

(俺に逆らった者は皆木っ端みじんに破壊されるのだ!)

 

 

 

Mousoleum(特殊ステージ)

 

Yet another spooktacular performance from the Spectre Syndicate.

 

Is success achievable?  Not when we are this un-boo-lievable!

 

Get lost!  You hear me?  This tomb is only for the eerie!

(失せろ! 聞こえなかったか? この墓地は幽霊専用なのさ!)

※eerie…不気味な、陰うつなという意味。

 

 

 

 

-まとめ, ゲーム

執筆者:

関連記事

no image

ウルトラマンオーブTHE CHRONICLE放送決定記念 あらすじやキャラクターまとめ

現在放送中の「ウルトラマンジード」。   ベリアルの息子という衝撃の設定で幕を開け、来年3月に映画が公開されることが決定し更なる盛り上がりを見せていますが、そんな中ジードの後番組の情報をキャ …

歴代ウルトラシリーズのにせウルトラマン一覧まとめ!(ジードまで)

先週の「ウルトラマンオーブ THE CHRONICLE」では、オーブ屈指の神回と名高い「にせもののブルース」が放送されました。   地球侵略のためにオーブに化けたババルウ星人ババリューですが …

ポケモンUSUM最新情報 伝説ポケモン集結&レインボーロケット団とは?

みなさん、昨日公開された「ポケットモンスターウルトラサン/ウルトラムーン」(USUM)の最新情報動画はご覧になりましたか?   私は今日見たばかりなのですが、個人的に衝撃の内容ばかりだったの …

no image

仮面ライダービルドのスターク その正体、謎、目的とは一体?

  早いもので、仮面ライダービルドの物語も折り返し地点に差し掛かろうとしています。   これまでに様々な人物や戦士が登場し物語をかき乱していますが、中でもひと際怪しい人物の1人がブ …

仮面ライダーエグゼイドトリロジー公開記念 ライダーの見どころと活躍まとめ(ゲンムVSレーザー)

仮面ライダービルドも早いものでもう24話。   展開が早すぎるせいか、はたまたOPのナレーションのように混沌とした状況が続いているためか放送開始から半年経ったと感じさせません。   …

最近のコメント