ぼちぼちカメさん 日常を綴る日記

好きな物や気になったものを紹介していきます

ゲーム

ポケモンカードゲーム 禁断の光おすすめカードまとめ!

投稿日:2018年3月5日 更新日:

 

今回は久しぶりにポケモンカードの話題でも。

 

今月2日(金)に、ポケモンカードの新拡張パック「禁断の光」が発売開始されました。

ウルトラネクロズマがパッケージを飾る、見るからにすごそうなカードが入ってそうな拡張パックですが、今回も例のごとく私が独断と偏見で選んだおすすめのカードを紹介したいと思います。

 

デッキ構築の際の参考になれば幸いです。

 

 

 

アローラナッシー

 

  • 種類:1進化ポケモン
  • レアリティ:R
  • おすすめ度:B(おすすめ)

 

まず最初に紹介するのはリージョンフォームのナッシー

 

ナッシーはワザ「トロピカルシェイク」を持ち、自分のトラッシュにある基本エネルギーのタイプの数(最大5つまで)だけダメージが増加する効果を持ちます。

 

デッキにたくさんの種類の基本エネルギーを入れればそれだけ強化されるワザですが、このポケモンのためだけに5タイプのエネルギーとポケモンを入れてもあまりうまい具合にエネルギーを付けたり技を使うのが難しくあまりお勧めしません。

 

オススメの戦略としては、複数のタイプのエネルギーを必要とするドラゴンタイプを入れてみたり(エネルギーをトラッシュに送る効果やとくせいがあればなおよい)、バトルコンプレッサーやダート自転車等のカードをトラッシュに送る効果を有効利用することですね。

 

 

ケロマツ

 

  • 種類:たねポケモン
  • レアリティ:C
  • おすすめ度:B(おすすめ)

 

この「禁断の光」には、カロス地方のポケモンが多く収録されているのが特徴。

 

カロス地方で最初にもらうポケモンのうちの1匹であるケロマツ(017/094)は、とくせい「ケロムース」を持ち、その効果は「このポケモンに水エネルギーがついているなら、にげるためのエネルギーがなくなる」というもの。

 

エネルギーなしで自由自在に出し入れできるため便利ですが、なにぶんHPが低いので早めに進化させるか、すぐにベンチポケモンと入れ替えることをお勧めします。

 

 

ゲッコウガGX

 

  • 種類:2進化GXポケモン
  • レアリティ:RR
  • おすすめ度:S(超おすすめ)

 

そんなケロマツが2回進化するとゲッコウガになります。

 

ゲッコウガGXは進化した時に1回だけ使える特性「ふうましゅりけん」を使うことができ、この特性は相手のポケモン1匹にダメカンを3個乗せる効果があります。

 

またワザ「おぼろぎり」は、大ダメージを与える上にこのポケモンとついているカードをすべて山札に戻すことができる便利な技。 戻すか否か自分で選べるのもポイントです。

 

おぼろぎりはただダメージを与えるだけでなく、山札に戻ることで体勢を立て直すことができます。

 

 

 

 

 

そしてGXワザは「シャドーアサシンGX」。 これは相手のベンチポケモンに130ダメージを与えるという強力なもの。

 

1回限りとはいえベンチポケモンに大ダメージを与えられるのは強力。 ベンチポケモンに攻撃する技なので抵抗力によりダメージが減らされることがないのも評価ポイント。

 

弱点は相手のバトルポケモンには攻撃できない点。 フラダリやグズマなど、バトルポケモンとベンチポケモンを入れ替える効果を利用したり、ベンチにダメカンが多く乗ったポケモンがいるときを狙うといいでしょう。

 

 

ブロスター

 

  • 種類:1進化ポケモン
  • レアリティ:U
  • おすすめ度:A(とてもおすすめ)

 

続いてもカロス地方のポケモン。

 

左右非対称の巨大なはさみがかっこいいブロスターの持つワザ「スタンバイ」は、この技を使った次の自分の番にワザ「ねらいうち」のダメージが大幅にアップするという変わったワザ。

「ダイビング」とか「ロケットずつき」みたいに1ターン目で準備をして2ターン目で攻撃するワザに似ていますね。

 

2ターンでうまくワザを発動することができれば大ダメージを与えることも可能ですが、逆に言えば大ダメージを与えるためには2ターンもかけなければならないのが欠点でもあります。

 

「かたいおまもり」などでダメージを減らしたり、「ムキムキダンベル」などでHPを上げる戦法も効果的です。

 

 

ボルケニオン(プリズムスター)

 

  • 種類:たねポケモン
  • レアリティ:PR
  • おすすめ度:A(とてもおすすめ)

 

続いては同じくXY映画で登場した幻のポケモン、ボルケニオン。 この拡張パックでは水タイプのポケモンとして収録されています。

 

ワザ「サウナボム」は、相手のバトルポケモンだけでなくベンチポケモンにもダメージを与えることができますが、水エネルギー3つが必要。

 

さらに特性「ジェットほうすい」を持っており、自分の手札にある水エネルギーを1枚捨てる代わりに相手のバトルポケモンとベンチポケモンを入れ替えることができます。

 

今すぐ倒したいポケモンや弱っているポケモンを無理やり引きずり出して攻撃することができますが、水エネルギーを消費しなければならないという点では、エネルギー消費を除けば同じ効果を持つ「フラダリ」の下位互換にしかなりません

 

このデメリットをどうカバーするかが、この特性を生かす上でのポイントになりそうです。

 

 

ヒトツキ、ニダンギル、ギルガルド

 

  • 種類:たね(ヒトツキ)、1進化(ニダンギル)、2進化ポケモン(ギルガルド)
  • レアリティ:C(ヒトツキ、ニダンギル)、U(ギルガルド)
  • おすすめ度:A(とてもおすすめ)

 

続いては3枚続けて紹介します。

 

ゴーストタイプで私もお気に入りのヒトツキ、ニダンギル、ギルガルドは、それぞれ相手を追い詰める恐ろしい特徴を持ちます。

 

 

まずヒトツキ(032/094)は、このポケモンが相手のポケモンの技を受けてきぜつした時に、相手ポケモンにダメカン3個をのせることができる特性「だんまつま」を持っています。

 

ヒトツキの進化形ニダンギルは、ポケモンのどうぐを付けている相手のポケモン全員にダメカンを3個のせることができるワザ「やいばののろい」を持ちます。

 

そして最終進化形のギルガルドワザ「しをきざむ」を持ち、このワザを受けたポケモンが、次の自分の番にワザのダメージを受けたらそのポケモンを気絶させることができます。

 

ダメージに関係なく、たとえEXだろうがGXだろうが相手のポケモンを倒す事実上の死刑宣告ともいえる技で、無理やり倒すほかににげるを使わせるようにプレッシャーをかける使い方もできそうです。

 

じわじわと追い詰めるゴーストタイプらしい特徴を持つポケモンで、熟練者が使えばこの上なく恐ろしい相手になりそうです。 進化前のポケモンも全て当てはまるからなおさら恐ろしいです。

 

 

ドラミドロ

 

  • 種類:1進化ポケモン
  • レアリティ:U
  • おすすめ度:B(おすすめ)

 

続いてはどくタイプのドラミドロ

 

どくタイプのドラミドロらしく、バトル場にいるときに相手からの攻撃を受けた時、そのポケモンをどく状態にする特性「どくのトゲ」を持ちます。

 

常にどうぐ「どくばり」を持ち歩いているような状態なので、警戒なしにうっかり攻撃すると痛い目見るポケモンといえるかもしれません。

 

ワザ「たつまき」は、コインを2回投げて表が出た回数分、相手のバトルポケモンについているエネルギーをトラッシュできるこちらも地味にうっとうしい技

 

ただし2回とも裏が出た場合はこの技は失敗。 ちょっと癖の強い技なのでどくのトゲで翻弄する戦法がメインになりそうです。

 

 

ジガルデGX、ユリーカ

 

  • 種類:GXたねポケモン(ジガルデ)、トレーナーズ サポート(ユリーカ)
  • レアリティ:RR(ジガルデ)、U(ユリーカ)
  • おすすめ度:S(超オススメ)

 

続いてはちょっと懐かしいコンビのご紹介

 

XYで初めて登場し、アニメ及びサンムーンで驚異のフォームチェンジを見せたジガルデがついにGXポケモンとして登場します。

 

ワザ「セルコネクター」相手にダメージを与えつつ、トラッシュにある闘エネルギーをジガルデGXにつけることができます。

 

GXワザの「ジャッジメントGX」は、次の相手の番にGX・EXポケモンからのダメージを受けなくなる強力な技。

次のターン限定でダメージを受け付けなくなるので、次のターンでダメージを無効にしつつとどめを刺すのがいいかと思います。

 

 

そしてこのジガルデと相性のいいトレーナーズがユリーカ。 意外にもユリーカがカード化されるのは今回が初めて。

しかもこのユリーカの絵柄はアニメの方。 当時アニメを見ていた方は使わないつもりでもゲットしたいカードではないでしょうか。

 

それはさておき、そのカードの効果は、まず1つ目が「場のスタジアムをトラッシュする」というもの。 相手がスタジアム中心の戦法で攻める場合にはかなりの痛手となることでしょう。

 

しかしこのカードの真骨頂は、GXワザを使っていても、自分のジガルデGXがもう1度GXワザを使うことができるというとんでもないもの。

 

しかもプリズムスターも付いていないため、ルール上は最大4枚このカードを使うことができます。(そんなことをする人はそうそういないと思いますが)

 

しかしスタジアムをトラッシュするという効果があるせいか、場にスタジアムがあるときしか使えないのがデメリットです。

 

ユリーカとプニちゃんことジガルデという、アニメでのベストコンビがポケモンカードでも復活。 これはぜひとも使いこなしてみたいものです。

 

 

 

 

 

イベルタルGX

 

  • 種類:GXたねポケモン
  • レアリティ:RR
  • おすすめ度:A(とてもおすすめ)

 

続いてもカロス地方の伝説のポケモン、イベルタルもGXポケモンとして参戦します。

 

全ての命を吸いつくすイベルタルらしく、相手にHPを与えた分自分のHPを回復するワザ「せいきをすいとる」が使えます。 「ちからのハチマキ」や「闘魂のまわし」でダメージを増やせばよりたくさん回復します。

 

更にGXワザ「デスカウントGX」は、相手のバトルポケモンにダメカンが4個乗っているときにそのポケモンを気絶させるという、かなり使いどころが限られるが強力な技。

 

4個(以上でも以下でもダメ!)というかなりシビアな条件でしか発動できないので使いどころが難しいですが、うまくダメージを調節して使うことができれば相手にとっては深い痛手になること間違いなしです。

 

 

 

ゼルネアスGX

 

  • 種類:GXたねポケモン
  • レアリティ:RR
  • おすすめ度:S(超おすすめ)

 

イベルタルを紹介したら、その対となるゼルネアスGXも紹介しなければならないでしょう。

 

ゼルネアスGXの注目ポイントはなんといってもGXワザ「サンクチュアリGX」

 

このGXワザ、なんとゼルネアスGXに乗っているダメカンを全部相手のバトルポケモンに乗せ換えることができるという、フェアリータイプらしからぬ恐ろしい効果を持ちます。

 

わざと限界までダメージを受けまくって、そのダメージをすべて相手のポケモンに移し替えることで、大ダメージを与えつつ自分の体力を全回復できる一石二鳥の大ワザですね。

 

 

 

ウルトラネクロズマGX

 

  • 種類:GXたねポケモン
  • レアリティ:RR
  • おすすめ度:B(おすすめ)

 

続いて紹介するのは、本家ウルトラサンムーンにて初登場した、ネクロズマの真の姿であるウルトラネクロズマ。 ついに彼(?)もポケモンカードの世界に君臨します。

 

ウルトラネクロズマGXは、ついている超エネルギーをすべてトラッシュし、その数ぶん与えるダメージが大幅に増加するワザ「フォトンゲイザー」を持ちます。

 

超エネルギーは全てトラッシュしなければならないので、ワザを使うためにまたエネルギーを付け直さなければならず、しかもドラゴンタイプなので複数のタイプ(超と鋼)のエネルギーを必要とするのがネックですが、そのデメリットをカバーするとてつもない威力を持つ技です。

 

GXワザは「めつぼうのひかりGX」で、相手のポケモン全員にダメカンを6個のせることができます。

 

全員にダメカンを乗せることでプレッシャーをかけることができるほか、弱っているポケモンを一気に倒すことができます。

 

しかしウルトラビーストらしく「自分と相手のサイドの合計が6枚以下」の時しか使えないのがデメリット。 どちらかが極端に不利だったり、どちらも残り枚数が少ないときにだけ使えるので、形勢逆転やとどめの一撃のための準備に使うのがベター。

 

 

ホルード

 

  • 種類:1進化ポケモン
  • レアリティ:C
  • おすすめ度:A(とてもおすすめ)

 

ホルードはホルビーの進化形。 可愛いホルビーがおっさんに進化してショックを受けたプレイヤーも多いかもしれない。

 

ホルードのワザ「れんぞくいわなげ」はウラが出るまでコインを投げ続け、オモテが出た回数×80のダメージを与える強力なワザ

 

オモテが連続で出た回数によってはGX・EXポケモンも一撃で倒すことができ、3回以上出ればGXワザの威力を上回るとんでもない技。

 

エネルギーが4つも必要なのと1回目にウラが出れば技が失敗してしまうのがデメリットですが、それを差し引いてもそこそこ強力なワザなんじゃないかと思います。

 

 

オンバット

 

  • 種類:たねポケモン
  • レアリティ:C
  • おすすめ度:B(おすすめ)

 

続いてはウルトラサンムーンにも登場するドラゴンタイプ(ここでは無色タイプですが)のオンバット

 

オンバットはワザ「はかいおん」を持ち、相手の手札にあるグッズをトラッシュするというかなりいやらしい技を持ちます。

 

相手の戦術を崩すのに最適な技といえますが、相手のポケモンにダメージを与えられない上にオンバット自身のHPも低いので、よほどのこだわりがない限りは早めにオンバーンに進化させた方が吉。

 

 

 

 

 

おじょうさま

 

  • 種類:トレーナーズ サポート
  • レアリティ:U
  • おすすめ度:A(とてもおすすめ)

 

ここからはおすすめのトレーナーズをいくつか紹介します。

 

おじょうさまの効果は自分の山札にある基本エネルギーを4枚まで選んで手札に加えるというもの。

 

同じく基本エネルギーを山札から選べるはかせのてがみ(こちらは2枚まで)の上位互換とも言えるカードで、枚数を自分で決めることができることもメリット

 

サポートなので自分の番に1枚しか使えませんが、それでもエネルギーを大量に使うポケモンをデッキに入れている人は絶対にゲットしておきたいカードですね。

 

 

ジャッジマン

 

  • 種類:トレーナーズ サポート
  • レアリティ:U
  • おすすめ度:B(おすすめ)

 

ポケモンカードXYにも登場したジャッジマンが、新たなイラストで帰ってきました。

 

ジャッジマンの効果は「お互いの手札を山札に戻してシャッフルし、4枚引きなおす」というもの。

 

相手のコンボを崩したり、自分の手札に欲しいカードがないときに使うのがおすすめです。

 

似たようなカードにN(お互いの手札を山札に戻し、サイドの枚数引き直す)やビッケ(お互いの手札を山札に戻し、戻した枚数分引き直す)などがあり、どれも一長一短で状況に合わせて使い分けるのがコツです。

 

 

フラダリ(プリズムスター)

 

  • 種類:トレーナーズ サポート
  • レアリティ:PR
  • おすすめ度:S(超おすすめ)

 

XYに登場するフレア団のボスであり、ウルトラサンムーンでも主人公の前に立ちはだかるフラダリもついにプリズムスターのカードとして登場します。

 

その効果は「自分の場にある炎ポケモンの数だけ、相手のトラッシュにあるカードをロストゾーンに送る」という強力なもの。

 

 

一度ロストゾーンに送られたカードはその試合で使うことも、トレーナーズやとくせいなどで取り出すこともできません。

そのため、トラッシュから再利用する可能性のあるカードやトラッシュにあることで効果を発揮する特性を持つポケモンなどを封じる方法として使うのがいいでしょう。

 

プリズムスターなのでデッキに1枚しか入れられず、使い終わった後はロストゾーンに送られるため再利用はできません。

 

ハイリスクハイリターンなカードですが、ほのおポケモン使いならばぜひとも入れておきたいカードですね。

 

 

以上、新拡張パック「禁断の光」に収録されているカードの中から、個人的におすすめだと思うカードを選んで紹介してみました。

 

今回の拡張パックはどれも魅力的なカードばかりで、今すぐにでも購入して使ってみたいカードばかりでした。

 

アローラ、シンオウに続きカロス地方のポケモンも続々参戦し、ポケモンカードゲームの戦いもより一層激しさを増しそうです。

 

 

 

 

 

 

-ゲーム

執筆者:

関連記事

no image

話題のゲーム「Cuphead」 発売日や最新プレイ動画

    今私にはすごく気になっているゲームがあります。   海外のゲームなのですが、「Cuphead」(カップヘッド)というゲームです。   なんだか聞き慣れな …

ツムツムプレミアムボックス仕様変更 当たる確率はアップするのか?

世界中で人気のスマホゲームの1つ「ディズニーツムツム」。   ディズニーキャラクターをモチーフにしたツムをなぞって消すアクションパズルゲームで、リリースから3年以上で登場したツムはなんと20 …

キングダムハーツ 3につながるストーリー・時系列まとめ動画が公開!

  2018年はスマブラ、キンハー、カップヘッドと様々なゲームの最新情報が解禁となりゲーマーを騒がせています。   そんな中、キングダムハーツシリーズの最新作「キングダムハーツⅢ」 …

ロックマン30周年記念 派生シリーズ(X、Dash、ゼロ、エグゼ、流星)まとめ!

  先日私はロックマン生誕30周年を記念して、歴代ナンバリングシリーズについてまとめました。   生誕30周年! ロックマンシリーズをまとめてみた(ナンバリング編)http://s …

ポケモン新作情報キタ! ポケモンクエスト&イーブイが主役!?

全国、全世界のポケモンファンの皆さん、朗報です!   本日「ポケモン新作発表会」にて、ニンテンドースイッチ向けの最新ポケモンソフト2つの情報が解禁されました!   一体どんなゲーム …

最近のコメント