ぼちぼちカメさん 日常を綴る日記

好きな物や気になったものを紹介していきます

レビュー 特撮

ルパンレンジャーVSパトレンジャー玩具 VSチェンジャーレビュー!

投稿日:2018年2月12日 更新日:

 

みなさん、昨日から放送開始された新番組「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」はご覧になられましたか?

 

開始数分でド派手なアクション、まるで第1クールの終わりのようなシリアスシーン、ルパンレンジャーの変身&名乗りバンク、怪人が一堂に会した圧巻のギャングラーのアジトと最初から最後まで見どころしかなくてまた1年間楽しめそうです。

 

そしてそんなルパンレンジャーVSパトレンジャー(ルパパト)の変身アイテム、DXVSチェンジャーが発売されたので、私も早速ルパンレッドセットの方とVSビークルセットのトリガーマシン1号を購入してまいりました。

 

 

 

というわけで今回は、今話題のルパパトの変身玩具、VSチェンジャーのレビューをしたいと思います。

 

メッチャ興奮して書いているので無題長い上に支離滅裂なところもありますが、最後まで読んでいただけると幸いです。

 

 

セット内容(※ルパンレッドの方)

 

このVSチェンジャー、2つの戦隊が使うというだけあってルパンレンジャーセットとパトレン1号セットの2パターンが発売されました。

 

この2つのセットは付属しているVSビークルが違うだけで、それを除けば内容は2セット共通となっています。

 

例えば私が今回購入したルパンレッドセットは、画像のようにVSチェンジャー本体、レッドダイヤルファイター、初回限定のスーパー戦隊データカードダスのカード、そして取扱説明書が入っています。

 

 

バンダイ 快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー ダブル変身銃 DX…

 

そのため金銭的余裕のない方やチェンジャーさえゲットできればいい方は好きな戦隊の方だけ、2つの戦隊のセットを買って楽しみたい方は両方というように購入すればいいかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

外観

 

続いてはそれぞれのアイテムの外観を見ていきたいと思います

 

 

VSチェンジャー本体

 

まずはVSチェンジャー本体

 

色は白を基調とし、LEDは赤色でこれぞ正義のヒーローの武器って感じのカラーリングですね。

 

近未来風のメカニカルなデザインでかっこいいのですが、第1話で魁利が言ったようにこれもルパンコレクションの1つだから驚き

 

後ろの部分には前方のグリップとは別に後方のグリップがついており、赤いレバーを押し込むことで銃身を上下に回転させることができます。

 

 

 

 

VSチェンジャーには単四電池が2本必要。 電池ブタは前方のグリップの裏側にあり、ドライバーでネジを回して開けます。

スピーカーと電源スイッチも本体の裏側にあります。

 

 

VSチェンジャー単体の遊び方としては、トリガーを引くと銃撃音が鳴りLEDが光ります。

 

 

レッドダイヤルファイター

 

続いては本作の収集アイテムでであるVSビークル、まずはルパンレッドの変身に使われるVSビークルのレッドダイヤルファイターです。

ダイヤルファイターはルパンレンジャー専用の飛行機で、レッドダイヤルファイターはジェット機がモチーフになっています。

 

ダイヤルファイターという名前だけあって中央にシルクハット型の金庫ダイヤルが付いており、回すとジリジリと音がします。

 

翼には「V」とシルクハットを組み合わせたルパンレンジャーのロゴマークが刻まれており、折りたたむこともできます。

 

 

裏面には認識ピン、それからロボの合体に使うくぼみがあります。

 

 

 

VSビークルシリーズ共通のギミックとしてアタックモードへの変形があり、レッドダイヤルファイターの場合はダイヤルを回転させることで前方が倒れます。

 

この状態で直角に折りたたみ、ダイヤルを5の部分まで合わせると銃口が現れアタックモードの完成です。

 

 

ちなみにアタックモードで0に合わせるとロボ「ルパンカイザー」の顔が現れます。 イケメンでかっこいいですね。

VSビークルシリーズ DXレッドダイヤルファイター(快盗戦隊ルパンレンジャーVS…

 

 

 

トリガーマシン1号

 

続いてはパトレン1号の使うVSビークル、トリガーマシン1号の解説です。

 

飛行機モチーフのダイヤルファイターとは対照的に、トリガーマシンはパトカーがモチーフになっています。

 

 

でも外見はごついので、パトカーというよりどちらかというと装甲車に近いイメージですね。

 

 

車体には「S」と警察マークを合体させたパトレンジャーのロゴマークが刻まれています。

 

というか遊びながら気づいたんですけど、ルパンレンジャーとパトレンジャーのマークを組み合わせると「VS」になるんですねw

 

 

自動車モチーフなので転がして遊ぶことができます。

 

ダイヤルファイター同様、底面には認識ピンと合体用のくぼみがあります。

 

 

トリガーマシンの名前通り後ろに銃のトリガー(引き金)が付いており、引くことで車体の前方が飛び出し、六輪車型のアタックモードになります。

 

 

アタックモード状態で前方を90度折りたたむことでロボット「パトカイザー」の顔が登場します。

VSビークルシリーズ DXトリガーマシン1号(快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦…

 

 

 

変身&出撃遊び(ルパンレッド編)

 

さて皆さん大変長らくお待たせいたしました。 ここからルパンレンジャーとパトレンジャーの変身遊びを解説していきたいと思います。

2つの戦隊の変身アイテムということで、変身シークエンスもそれぞれの戦隊ごとに若干異なりますのでそれぞれ分けて解説していこうと思います。

 

最初はルパンレンジャー。 ここでは付属のレッドダイヤルファイターを使って解説します。

 

まずノーマルモードのレッドダイヤルファイターを画像の向きでVSチェンジャーの銃口からグリップの方向へ、レールに沿ってカチッと音が鳴るまでセットします。

 

 

 

「レッド!」

 

 

セットするとLEDが発光し2戦隊共通の待機音が鳴るので、その間にダイヤルファイターのダイヤルを回します。

 

ダイヤルを回転させるとダイヤルファイターとは別にVSチェンジャーからジリジリダイヤル音が鳴ります。 チェンジャー側からも鳴るのでなりきり度がアップしますね。

 

ダイヤル音を3回鳴らすと秘密のナンバー(レッドの場合は「0・1・0」)を読み上げ「マスカレイズ!」と鳴った後にルパンレンジャー専用の待機音が鳴ります。

この待機音、よく聞くと小声で「ルパンレンジャー」と言っています。

 

 

待機音が鳴っている間に後方のグリップのレバーを押し込み、銃身を上方向に回転させます。

 

「快盗チェンジ!」

 

そして最後に前方のトリガーに持ち替え、トリガーを引いてパンレッドに変身完了です。

 

 

バキューン!キュゥゥゥゥゥゥンシャララララ

ルパンレンジャー!

 

 

待機音もそうですが、変身音が怪盗モチーフの某アニメみたいですねw

 

LEDもルパンレンジャーのマークが正面に来て光ります。

 

ルパンレンジャーに変身後は、銃撃音も変化します。

 

ちなみに劇中と同じようにナンバーに合わせて回しましたが反応せず劇中通りとまではいきませんでした。 やっぱりナンバーに関係なく少し長めに回さないといけないみたいですね。

 

 

 

 

 

続いてはダイヤルファイターの出撃遊び

 

ルパンレッドに変身した後に、後方のグリップを握りながら銃身を元に戻した後にもう1度上側へ回転させます。

 

「GET SET READY ?」

 

この音声の後に「飛べ!飛べ!飛べ!」と鳴りますので、トリガーを引くと「GO !」の音声の後にレッドダイヤルファイター出撃音が鳴ります。

 

 

レ・レ・レ・レーッド!

 

 

劇中と同様にダイヤルファイターを外しながら手で持って飛ばすと、まるで滑走路から離陸しているみたいでよりなりきり度が増すのでお勧めです。

 

VSビークルを取り外す際は、チェンジャー側面の黒いボタンを押しながらビークルをセットする時とは逆方向に引っ張ってください。

 

 

 

変身&出撃遊び(パトレン1号編)

 

続いてはパトレンジャーの変身&出撃遊びについて解説します。 この記事ではトリガーマシン1号を使っていきます。

 

ルパンレンジャーの時と同様、ノーマルモードのトリガーマシン1号を画像の向きと方向にセットします。

 

 

「1号!」

 

セットすると共通待機音が1度なった後に「パトライズ!」と鳴りパトレンジャーの待機音が鳴ります。

 

 

その後同じように銃身を回転させるのですが、ここがポイント

 

ルパンレンジャーの時とは逆に、後方のグリップを握った後に銃身を下側に回転させます。 この時トリガーマシンのトリガーとチェンジャーのトリガーが重なるので指を挟まないように注意。

 

 

「警察チェンジ!」

 

この音声が鳴った後にトリガーマシンのトリガーを引いて、パトレン1号に変身完了です。

 

 

パァン!ファンファンファンファンデデッデデーデン

パトレンジャー!

 

こちらは刑事ドラマを連想させる音声ですね。

 

ルパンレンジャーの時と同様変身後は銃撃音が変化、パトレンジャーのマークが刻まれたLEDが正面に来ます。

 

出撃遊びもルパンレンジャーと同じ要領で、後方のグリップを握りながら銃身を正面に戻した後、もう一度下に回転させます。

 

 

「位置について、用意?」

 

この音声の後「走れ!走れ!走れ!」と鳴りますので、トリガーを引くと「しゅつどーん!」と鳴りトリガーマシン1号の出撃音声が鳴ります。

 

 

「轟・音・爆・走!」

 

これも外しながらトリガーマシンを走らせることでパトレンジャーの大捕り物シーンを忠実に再現できます。

 

 

 

 

ちなみに、ルパン、パトレン共に出撃遊びの後に銃身を戻すともう1度変身遊びがスタートします。

 

 

VSビークルをセット→ダイヤルを回す(ルパン)→銃身を回転させる→トリガーを引くと手順が多いので最初のうちは覚えるのが大変ですが、一度慣れてしまえばスムーズに変身できるようになり、すごく楽しいです。

 

銃身を回転させるときも軽く力を入れるだけで回転させることができるので、劇中のように片方だけをちょっと押してぐるっと回転させて変身することができます。

 

劇中のようにカッコよく変身したい方は本編や「ルパンレッド変身口座 シークレットタイム」or「パトレン1号変身口座 マル秘ミッション」を見ながらぜひとも快盗チェンジと警察チェンジをマスターしてルパンレンジャーやパトレンジャーになりきってください!

 

 

 

 

VSビークルを集めて遊びが広がる!

 

ルパンレンジャーとパトレンジャー、2つの戦隊に変身できるVSチェンジャーですが、歴代戦隊玩具の例に漏れず今後たくさん発売されるであろうVSビークルを集めるともっと遊びが広がります。

 

今回紹介したビークル以外にも、ルパンブルーのブルーダイヤルファイタールパンイエローのイエローダイヤルファイターパトレン2号のトリガーマシン2号パトレン3号のトリガーマシン3号を購入すると、VSチェンジャーでそれぞれの戦士に変身することができます。

 

もちろんアタックモードの変形ギミックや一部音声も異なります。

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけではありません。 それぞれの戦隊のVSビークルを集め、3月発売予定のグッドストライカーに合体させることで巨大ロボのパトカイザー(パトレンジャー)とルパンカイザー(ルパンレンジャー)が完成します。

またVSチェンジャー単体で必殺技音声は鳴らずグッドストライカーをセットすることで必殺技を放つことができます。

 

VSチェンジャーと連動するだけでなくロボに合体させることができるなんて、これは嫌でも全部集めたくなりますね。

 

 

 

 

また、VSビークルが高すぎて購入できない!と言う方は「VSビークルlite」がおすすめ。

ガシャポンや食玩で展開されているいわば廉価版で、アタックモードの変形ギミックやロボへの合体など一部機能がオミットされている代わりに、300円前後でVSビークルを集めることができます。 もちろんDXVSチェンジャーとも連動します。

 

 

 

 

総括するとDX版のVSビークルは、変身アイテムで単体遊びもできるだけでなく、集めることでロボに合体できるので個人的に超お得なアイテムですね。

デザインもスタイリッシュでとってもかっこいい。 じっくり眺めるだけでも楽しいです。

 

しかし値段が高めなので集めるのもひと苦労。 ロボの合体はいらないからとにかくビークルだけを集めたいという方はliteがおすすめです。

 

どちらも一長一短なので、自分のニーズとお財布に合わせて好きな方を購入する方がいいかと思います。

 

 

総合評価・遊んでみた感想

 

というわけでルパパトの変身アイテム「VSチェンジャー」と「VSビークル」を一通りレビューしました。

 

遊んでみた感想を一言で言うと楽しい。 とにかくすごく楽しい。

 

 

VSビークルをセットして銃身を回転させるというものすごく軽快なアクションがなぜか中毒性が高く、不思議と何回やっても飽きないんですよ。

 

あまりにも面白すぎて箱から出しては遊び、入れてはまた出してを繰り返していましたし、実際このレビュー記事を書くときも変身アクションを繰り返しながら半分興奮気味に書いてました。

 

おそらくここまで片時も手放せないくらい病みつきになった変身玩具は戦隊シリーズでも初めてなんじゃないかと個人的に思っていますw

 

 

またVSビークルと回転させる方向が違うだけなのに、同じアイテムでここまで外見の雰囲気が大きく異なるのも面白いですね。

 

 

 

遊ぶだけでなくじっくり眺めるだけでもそれなりに楽しめるのも、ルパパト玩具の魅力だと思います。

 

 

しかしDX版のVSビークルは税抜き1,500円と、ロボットの合体も兼ねているためかちょいとお高めなのが弱点ですね。

劇中の変身や合体を忠実に再現したいのであればDX版がおすすめですが、どうしても手が出ない方はlite版で我慢するしかないですね。

 

 

値段がちょいと厳しいですが、それでもVSチェンジャーは単調な動作がすごくはまる面白いおもちゃだと思います。

 

この記事で少しでもVSチェンジャーやVSビークルに興味を持った方は、まずはチェンジャーだけでも購入を検討してみては?

 

 

 

 

それじゃ、今日はここらへんで。 アデュー!

-レビュー, 特撮

執筆者:

関連記事

仮面ライダーゼロワンに出演! 大和田伸也さんのプロフィールまとめてみた!

      みなさん、仮面ライダーゼロワンの次回(第10話)の予告動画はご覧になりましたでしょうか?       第10話では俳優に挑戦する …

仮面ライダービルド エボルドライバー&関連おもちゃ発売日が決定!

  今週の仮面ライダービルドで圧倒的な強さとカッコ良さを見せつけた仮面ライダーエボル。   そのエボルの変身ベルトであるエボルドライバーと、その他関連したおもちゃの発売日等の最新情 …

仮面ライダービルド第7話 ネタバレ感想

今回は仮面ライダービルド第7話「悪魔のサイエンティスト」の感想やら考察を書いていきたいと思います。   今回は「平成ジェネレーションズFINAL」の公開も近いということで、映画に登場するオー …

ルパンレンジャーVSパトレンジャー 第1話ネタバレあり感想

  今回は今週からついに放送開始された戦隊シリーズ最新作「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(略してルパパト)の第1話「世間を騒がす怪盗さ」の感想を書きたいと思います。 & …

仮面ライダービルド DXジーニアスフルボトルレビュー

仮面ライダービルドも早いもので40話を突破。   3つに分かれた日本で、強大なエネルギーを秘めたパンドラボックスをめぐり戦争が起こるというとんでもないストーリーから始まり、最後には地球外生命 …

最近のコメント