ぼちぼちカメさん 日常を綴る日記

好きな物や気になったものを紹介していきます

ネタバレ 特撮

仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ネタバレあり感想

投稿日:2017年12月11日 更新日:

ついに公開された「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイド withレジェンドライダー」

 

これが平成ライダー史上最後の戦いになるのではないかということで、私も期待に胸を膨らませて劇場に足を運びましたが、いやあすごかった!

 

ライダーたちの共演あり、世界を巡る戦いあり、そしてビルドの今後の展開の伏線ありと最初から最後まで興奮しっぱなしでした。

 

というわけで今回は、仮面ライダー平成ジェネレーションズFINALの感想を語ってみたいと思います。

 

1回見ただけなのでうろ覚えな部分が多いですが、最後まで読んでいただけると幸いです。

 

 

 

※この先、平成ジェネレーションズFINAL及びビルドの今後の展開に関するネタバレが含まれます。 未見の方はブラウザバックを推奨します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2つの世界のEmergency

 

物語は、今年夏に公開された映画「トゥルー・エンディング」のラストシーンからスタートします。

 

バグスターウイルスと闘うエグゼイドとパラドクスの前に、突如謎のライダー、ビルドが登場、エグゼイドの成分を採取し去っていきました。

 

 

その後エグゼイドのボトルは浄化され、ドクターフルボトルとゲームフルボトルが完成しました。

 

しかしビルドに変身するてんっさい物理学者の桐生戦兎ははっきりとは覚えていない。 エグゼイドのボトルに関しても、美空曰く大事そうに持って寝ていたから浄化したとのこと。

 

 

そんな中、スマッシュの目撃情報が入り、戦兎と龍我は討伐に向かう。

 

 

 

 

しかしそこにいたのはスマッシュではなく、ビルドの世界に存在しないはずのバグスターウイルスであった。 しかも通常のものと違い、頭の色が白い

 

バグスターと闘うビルドとクローズだが、ビルドの怪人ではないため一向にダメージを与えられない。

 

 

そこで先ほど浄化したボトルを使ってエグゼイドフォームに変身すると、バグスターにダメージを与えることができた

 

そこへ現れたのは左半分の青い歯車が特徴の謎の怪人、カイザー

 

カイザーは並行世界(いわゆるパラレルワールド)を移動できるマシン「エニグマ」を起動させ、クローズを別の世界へと飛ばしてしまった。

 

 

一方、エグゼイドの世界でも白いバグスターウイルスが猛威を奮っていた。

 

すぐさま立ち向かおうとする宝生永夢だが、ビルドに成分を取られてしまい、さらに肝心のパラドもビルドの世界にいるためエグゼイドに変身できない

 

仕方なくブレイブ、スナイプ、レーザーターボの3人がバグスターに立ち向かう。

 

 

そしてエグゼイドの世界にもカイザーが現れた。 しかしこちらのカイザーは右半分に赤い歯車が付いており、冷静沈着な青いカイザーと対照的に陽気でファンキーな性格。

 

赤いカイザーは自らの力でライダーたちの力を封じた。

 

 

2つの世界で暗躍するカイザー、彼はいったい何者なのだろうか?

 

 

もう1人の悪魔のサイエンティスト

 

カイザーの正体は最上魁星(もがみ・かいせい)。 かつて東都先端物質学研究所の研究員だった男である。

 

 

今から10年前、スカイウォール付近にてこの世界に存在しないはずのバグスターウイルスを発見し、「スカイウォールを介して並行世界が存在するのではないか」という仮説を立てた。

 

当時魁星の助手であった葛城巧とともに並行世界移動装置「エニグマ」を開発し、魁星もネビュラガスとバグスターウイルスを組み合わせた白い「ネビュラバグスター」を誕生させた。

 

魁星はネビュラバグスターを使った生体兵器「カイザーシステム」を難波重工に売り込んだが、採用されたのは巧のライダーシステムであった。

 

そしてエニグマの誤作動により顔の左半分を失い、そこを機械化して現在に至ります。

 

 

もう1人の、エグゼイドの世界の白い服装のファンキーな魁星は財団Xの研究員で、財団の科学力で複製したグリードのコアメダルやホロスコープススイッチを所有しています。

 

 

 

 

 

魁星の目的、それはビルドとエグゼイドの2つの世界に存在するエニグマを「並行世界融合装置」として起動させることで世界を融合させ崩壊させると同時に、2人のカイザーが1つに合体することで不老不死の存在になり、並行世界の皇帝、バイカイザーになることであった。

 

カイザーの世界滅亡計画を阻止するべく、それぞれの並行世界の仮面ライダーが戦いに挑む!

 

 

英・雄・集・結

 

この平成ジェネレーションズFINALの一番の見どころと言えば、やはり歴代平成ライダーとの共演ではないでしょうか。

 

今回は平成最後ということで、なんと全員本家キャストという気合の入りようなので見ないわけにはいかないでしょう。

 

 

天空寺タケル/仮面ライダーゴースト、御成

 

まずは1年前にエグゼイドたちと共闘したタケル殿

 

御成の経営する不可思議現象研究所にて、「(並行世界接近の影響で)地面が裂ける」という不可思議現象の情報を手に入れたため、前回命を助けてもらった永夢たちと共に戦いました。

 

更に御成も、元住職という経歴を生かして檀黎斗神を説得して、というかおだてて仮面ライダービルドのガシャットを量産させることに成功しました。

 

エンドロールでは大天空寺へと戻ってきた御成をタケルは受け入れ、再び住職としての道を切り拓き始めました。

 

ちなみにタケル殿は1年前の映画で檀黎斗と出会っていますが、その豹変ぶりに内心ドン引きしていたに違いない。 筋肉バカこと万丈龍我も「アイツバカだろ」とあきれていたくらいですし。

 

また、御成がなぜ黒スーツを着てアフロヘアーなのかは、Vシネマ「仮面ライダースペクター」を見れば分かるそうですw

 

 

 

 

 

葛葉紘汰/仮面ライダー鎧武(ガイム)

 

2人目は(本当の意味での)地球の神様こと葛葉紘汰。

 

地球が崩壊のピンチということで、通算4度目の帰郷、再び大いなる悪意と相まみえます

 

鎧武は前作にも登場したのですが、演じる佐野岳さんはスケジュールの都合で出演できず過去の音声を再利用したライブラリ出演という形でしたが、今回はちゃんと紘汰としても出演しています。 もちろん鎧武の変身シーンもあります。

 

ただ、前回も登場したということもあってかフォーゼやオーズと比べると出番は少し控えめ。 もうちょっと紘汰としての出番を見たかったような気がしました。

 

また一部のファンの間で期待されていた、檀黎斗神との神の共演は実現せず。 残念!

 

 

如月弦太朗/仮面ライダーフォーゼ、JK、大杉忠太

 

続いてはフォーゼ。 今作はMOVIE大戦アルティメイタムの前日譚ということで、イナズマンたちと出会う前の天高教師としての弦太朗が登場します。

 

 

 

 

 

5年経っても「すべての仮面ライダーと友達になる男」とか「宇宙キターーー!!」といったおなじみのセリフもおなじみの調子で言ってくれて、まさにフォーゼが5年の時を経て戻ってきたって感じでした。

 

更に、元仮面ライダー部で現在はルポライターとして活躍しているJK、そして天高教師で仮面ライダー部顧問の大杉忠太もこのピンチを救うために立ち上がりました!

 

JKも持ち前の情報収集力で今回の事件に財団Xが絡んでいることやこちらの世界のエニグマの在処を突き止め大杉先生も「生徒を守るのは教師の仕事」という自身の信念を体現するがごとく逃げ遅れた生徒を非難させるというファインプレー(?)を披露しました。

 

そしてすべての戦いが終わった後にビルドと(半ば強引に)交わした友達のシルシを見て、「これこれ!! これがあってこそのフォーゼだよ!!」と内心ものすごく興奮してしまいましたw

 

実は私、鑑賞に先駆けてフォーゼの小説「天・高・卒・業」を読んでいて、そのせいか「弦太朗も卒業間近で進路に悩んだけれど、やっと自分の進みたい道を見つけたんだな」と実感しました。

 

 

 

火野映司/仮面ライダーオーズ、アンク

 

そして最後はオーズ。 オーズは実質第3の主人公とも言っていいくらい、レジェンドライダーの中では優遇されていたと感じました。

 

永夢と龍我と共に財団Xのアジトに潜入、白い魁星と対峙するも複製グリード軍団に圧倒される。

 

そしてその複製グリードの中には、あのアンクの姿もあった。

 

 

アンクと対峙する映司であったが、彼が手に握っていた「割れたタカコアメダル」が宿ったことでアンクの意思がよみがえり6年前のあの時と同じ黄金コンボ、もといコンビが復活しました!

 

 

 

 

 

 

当時最終話やMOVIE大戦メガマックスをリアルタイム(?)で見ていたこともあって、アンク復活の瞬間には泣きそうになりました。

 

 

そしてアンクはあの時と同じく映司にアイスを要求し、メダルを投げて映司をサポート、そして映司もあの懐かしい歌にのせてオーズに変身し、グリード軍団と戦った。

 

最後に変身したのがアンクのメダルを使ったタジャドルコンボで、しかも最終話と同じくアンクの声で変身 フォーゼの時と言い、ファンが喜ぶツボを分かってますねえ。

 

 

そしてすべての戦いが終わった後、アンクは約束のアイスを一口かじり、満足そうに、だがどこか寂しそうに消滅していった。

 

残念ながらアンクが本当に復活を果たすまではまだ時間がかかりそうですが、映司は今もどこかで「いつかの明日」を目指し旅をしていることでしょう。

 

 

そしてクライマックスの、6人の仮面ライダーによるバイクアクションは圧巻の一言。 しばらくストーリー展開とかを忘れて思わず食い入るようにスクリーンを見つめていました。

 

バイクアクションにここまで時間と労力を割いてくれたのは嬉しいですし、バイクにまたがって疾走しているとこれこそまさに仮面ライダーだと感じますね。

 

 

そして本作のエンディングは、今回登場したライダーのOPをメドレーにしたスペシャルバージョン

 

ここまでファンサービスが豊富だと、また映画館に立ち寄って何度も見たくなっちゃいますね!

 

 

衝撃!通り魔ビルドの真相

 

前作の「平成ジェネレーションズ」では、エグゼイドこと宝生永夢が、世界で初めてのバグスターウイルス感染者であることがテレビ本編に先駆け明らかになりました。

 

そして本作でも、エグゼイド44話やトゥルー・エンディングに登場したビルドの真相が明らかなりました。

 

 

 

 

 

 

最上魁星の、エニグマを使用した恐ろしい計画が始動した際、抑止力であるエグゼイドらドクターライダーの力が奪われるのを防ぐため、葛城巧はあえてビルドに変身してエニグマを使用しエグゼイドの世界に移動した。

 

そこでエグゼイドとパラドクスと接触、エグゼイドの成分を採取することでネビュラバグスターと戦えるように備えたのだった。

 

 

すなわち、あの時エグゼイドやゲンムと接触したビルドは桐生戦兎ではなく、葛城巧だったということになります。

 

巧の研究データにもエグゼイドに関する情報が残されており、これも巧がエグゼイドに接触した証拠の裏付けにもなりました。

 

 

実はビルドが登場した時の「創る、形成するって意味のビルドだ」というセリフから、「実は葛城巧が変身していたのではないか?」という仮説もネットではささやかれており、今回の映画で見事に的中したという形でしょうか。

 

 

ちなみにパラドも成分採取を完了したビルドを追ってビルドの世界に飛んでおり、ゲンムもビルドと戦闘を行ったために、結果的にその研究データをもとに仮面ライダービルドガシャットの開発に成功しました。

 

しかしこの真相が明らかになってもまだ謎は残ります。

 

 

それは「葛城巧が採取したエグゼイドの成分を詰めたボトルを、なぜか桐生戦兎が持っていた」という点。

 

先述したように巧が採取したエグゼイドのボトルを戦兎が持っていたため、どのような経緯で彼の手に渡ったかはまだ不明。

 

この謎も、いずれテレビ本編で明かされるのでしょうか? そして戦兎と巧の関係とは一体何なのか…?

 

 

龍とクローズと闘う理由

 

最後に、この映画の裏テーマとなっているのが「仮面ライダーとして、戦う理由」

 

万丈龍我は成り行き上仮面ライダーになったものの、当初から自分が戦う理由について悩んでおり、先輩ライダーたちが自らの命を顧みず、見返りを期待せず人々の平和を脅かす者たちと闘うのか理解に苦しんでいた。

 

 

ある者は誰かが伸ばした手を掴むため。

 

ある者はまだ見ぬダチに出会うため。

 

ある者は愛する生まれ故郷を脅威から守るため。

 

ある者は人々の思いを未来につなぐため。

 

ある者は患者の笑顔を取り戻すため。

 

 

そしてある者は、愛と平和のために。

 

そんなバカたちの戦いを見ていた龍我は、「自分が信じる正義のために戦う」ことを決心、戦兎にラビットタンクスパークリングを渡し逆転のきっかけを作りました。

 

 

7人のライダーの活躍により魁星の野望は阻止され、2つの世界の平和は守られました。

 

戦いを終え、仮面ライダーたちはいつかまた会えることを信じ、各々の世界へと帰り、それぞれの行くべき道へと向かって突き進むのであった。

 

 

冒頭でも言ったように、平成2期のファンへのファンサービスあり、ビルドとエグゼイドの共闘あり、そして今後の展開の伏線ありと、平成2期を今まで見てきた方なら十分に楽しめる内容となっていると思います。

 

この映画が、公開されて2日で映画動員ランキング1位に輝いたことからも、この映画のすさまじさが見て取れます。

 

 

 

特に集結したレジェンドライダーたちの、もしかすると本当に最後かもしれないコラボレーションは一生に一度見ておかないと損するクオリティだと思いました。

 

総括すると平成ジェネレーションズFINALは期待通りの出来で、個人的に大満足でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だがしかし彼らはまだ知らなかった。 実は仮面ライダーはもう1人いたということを…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして…!(更なるネタバレ)

 

この先更なるネタバレ注意!!!

 

 

 

 

 

今日も今日とてスマッシュと闘うビルドとクローズ。

 

しかしそんな2人の前に謎のライダーが乱入し、ビルドが惣一からもらったフェニックスボトルとロボットボトルを奪い取っていった

 

 

そのライダーこそ、3人目のライダー「仮面ライダーグリス」だった。

 

どことなくアクセルブースターにそっくりなグリス曰く、この2つのボトルは北都のボトルとのこと。 やはり北都も独自のライダーシステムを開発しているのでしょうか? あるいはやっぱり巧かスタークが関与しているとか…?

 

そして、劇場でもらえる葛城巧の研究データ仕様のガンバライジングカードの最後の1枚であるシークレットこそ、この仮面ライダーグリスのカードです。

 

 

 

巧のデータがあるということは、やはりこれもプロジェクト・ビルドの一環として開発されたもの、ということでしょうか。

 

 

ベルトを見てみると、スパナやらトンカチやらの工具がくっついているデザイン。 おそらくこの工具を操作して変身するのだと思われます。

リス(=grease、潤滑油などの意味)という名前からも連想されるように、どことなく工業系のライダーというイメージが強いです。

 

そしてグリスのライダーズクレストはロボット。 ということはビルドから奪ったフェニックスとロボットのボトルを使って変身するのでしょうか。

 

 

色々と気になる謎が多すぎるグリス。 通り魔ビルドの謎と共に、彼の活躍もこれからのビルドの物語を盛り上げるスパイスとなりそうですね!

 

 

 

 

プロジェクト・ビルドを次の段階に進めよう。

科学を未来へ導く、新たなシステムが必要だ。

―ガンバライジングカードに記載されている葛城巧の手記より

 

 

 

 

 

 

-ネタバレ, 特撮

執筆者:

関連記事

【速報】平成ジェネレーションズFINAL最新情報 あのライダーがご本人で出演!?

  聞いて驚けええええええええええええええええ!!       今年冬に公開予定のライダー映画ですが、正式タイトルが「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINA …

平成仮面ライダー クワガタモチーフのライダー&怪人まとめ(クウガ~ビルド)

  みなさん、昨日放送された仮面ライダービルドはご覧になりましたか?   パンドラボックスの力を我が物とするために北都が東都に軍事兵器を送り込むという、年明け早々大変な展開になって …

ウルトラマンオーブ なりきり玩具(おもちゃ)まとめ!

  現在テレビ東京系で放送中の「ウルトラマンオーブ THE CHRONICLE」。   シリーズ生誕50周年を記念して登場したオーブの活躍をまとめた総集編ですが、この番組の放送開始 …

スーパー戦隊シリーズ 悪の戦隊ヒーローまとめ Part.1

  今週の宇宙戦隊キュウレンジャーにて、悪の戦士となったナーガがついに解放され、キュウレンジャーの一員として戻ってきました。   というわけで今回は、歴代シリーズに登場した悪の戦隊 …

平ジェネFOREVER予告初解禁! ゲスト出演俳優・前売り券情報ほか

どうも、今年の紅白歌合戦に三浦大知さんが去年に引き続き出場すると聞いて、相当エキサイエキサイしてるぼちカメさんです。   早いもので2018年も残り1か月半ほどとなりました。   …

最近のコメント