ぼちぼちカメさん 日常を綴る日記

好きな物や気になったものを紹介していきます

ゲーム

ポケモン初心者必見! タイプ相性の簡単な?覚え方教えます

投稿日:2019年12月21日 更新日:





この記事ではポケモンバトルにおいて重要な要素の1つとなる「タイプ相性」を、私の場合どうやって暗記したのか、その簡単な覚え方をタイプごとにまとめてみようと思います。

 

 

覚え方と言っても語呂合わせとかただひたすら暗記するといった受験勉強みたいなものは控えめで、タイプごとの特徴や元ネタみたいなものから連想しながら弱点や耐性を覚えていったといった感じです。

 

 

少しでもポケモンバトルの助けになれば幸いです。

 

 

※このブログ記事の内容は、「ポケットモンスター ソード/シールド」時点までのものです。

 

 

 





 

 

 

 

ノーマル

 

  • 攻撃側(ノーマルタイプのわざで攻撃したとき)
    • こうかはばつぐん:-
    • こうかはいまひとつ:いわ、はがね
    • こうかなし:ゴースト

 

  • 防御側(ノーマルタイプがわざを受けたとき)
    • こうかはばつぐん:かくとう
    • こうかはいまひとつ:-
    • こうかなし:ゴースト

 

 

ノーマルはその名の通りシンプルイズベスト

 

ゴーストは幽霊ということで実体がない=触れることができないという連想でこうかなしと覚えました。(かくとうも同様)

 

また、ノーマルタイプはわざで攻撃した時こうかばつぐんにならない唯一のタイプであり、身体が固いいわとはがねはいまひとつと覚えました。

 

 

 

 

ほのお

 

  • 攻撃側(ほのおタイプのわざで攻撃したとき)
    • こうかはばつぐん:くさ、こおり、むし、はがね
    • こうかはいまひとつ:ほのお、みず、いわ、ドラゴン
    • こうかなし:-

 

  • 防御側(ほのおタイプがわざを受けたとき)
    • こうかはばつぐん:みず、いわ、じめん
    • こうかはいまひとつ:ほのお、くさ、こおり、むし、はがね、フェアリー
    • こうかなし:-

 

ほのおタイプはその名の通り、何でも焼き尽くす火のイメージ。

 

 

くさとむしは炎で焼き尽くし、こおりとはがねは熱で溶かすことができるためこうかばつぐん。

 

逆にみずは火を消されてしまい、いわは火をつけようとしても燃えないので弱点と覚えました。

 

じめんが弱点なのは、砂や土を上からかけられると空気の通り道が無くなり火が消えるというイメージ。

 

 

 

 

みず

 

  • 攻撃側(みずタイプのわざで攻撃したとき)
    • こうかはばつぐん:ほのお、じめん、いわ
    • こうかはいまひとつ:みず、くさ、ドラゴン
    • こうかなし:-

 

  • 防御側(みずタイプがわざを受けたとき)
    • こうかはばつぐん:でんき、くさ
    • こうかはいまひとつ:ほのお、みず、こおり、はがね
    • こうかなし:-

 

みずタイプは液体の流れる水をイメージしてください。

 

ほのおタイプに対しては、火に水をかけると消えてしまうので相性を覚えやすいかと思います。

 

じめんタイプは砂に水をかけると固まり、いわタイプは川底や海底で流され削られる石のイメージで覚えました。

 

 

弱点はでんきタイプとくさタイプ。 でんきはアニメでサトシが言っていたように「水は電気をよく通す」、くさは植物に水をあげて成長するということで弱点になっています。

 

 

氷と水は状態が違うだけで元は同じ物質なのでダメージは半減。 ただし「フリーズドライ」というわざはこおりタイプですがみずタイプにもこうかばつぐんなので間違えないように注意。

 

 

 

 

くさ

 

  • 攻撃側(くさタイプのわざで攻撃したとき)
    • こうかはばつぐん:みず、いわ、じめん
    • こうかはいまひとつ:ほのお、くさ、どく、むし、ドラゴン、はがね
    • こうかなし:-

 

  • 防御側(くさタイプがわざを受けたとき)
    • こうかはばつぐん:ほのお、こおり、くさ、むし、どく
    • こうかはいまひとつ:みず、でんき、くさ、じめん
    • こうかなし:-

 

くさタイプは植物のイメージ。

 

植物は地中深くに根を張り、ツルや根は岩にも巻き付きアスファルトにひびを入れるほどの生命力を持ってます。 くさタイプがいわ・じめんタイプに強いのもそのためだと思われます。

 

 

逆に植物は火や寒さや猛毒に弱く、虫や鳥に葉や種を食べられてしまいます。 これをイメージすればほのお・こおり・どく・むし・ひこうタイプが弱点だとすぐ覚えられると思います。

 

 

 

 

でんき

 

  • 攻撃側(でんきタイプのわざで攻撃したとき)
    • こうかはばつぐん:みず、ひこう
    • こうかはいまひとつ:くさ、でんき、ドラゴン
    • こうかなし:じめん

 

  • 防御側(でんきタイプがわざを受けたとき)
    • こうかはばつぐん:じめん
    • こうかはいまひとつ:でんき、ひこう、はがね
    • こうかなし:-

 

でんきタイプは名前通りビリビリ流れる電気です。

 

先ほど解説したように水は電気をよく通し、空を飛ぶ鳥は雷に打たれるイメージでこうかばつぐんですが、逆に植物は電気を通さないのでこうかはいまひとつ。

 

またでんきタイプは、弱点がじめんタイプただ1つなのですぐ暗記できたのを覚えています(ややこしい言い方ですみません)が、おそらくアースや避雷針などで電気を地面に逃がすイメージでこのような相性にしたのかなと推測しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かくとう

 

  • 攻撃側(かくとうタイプのわざで攻撃したとき)
    • こうかはばつぐん:ノーマル、こおり、いわ、はがね、あく
    • こうかはいまひとつ:どく、ひこう、エスパー、むし
    • こうかなし:ゴースト

 

  • 防御側(相手の攻撃を受けたとき)
    • こうかはばつぐん:ひこう、エスパー、フェアリー
    • こうかはいまひとつ:むし、いわ、あく
    • こうかなし:-

 

続いてはかくとうタイプ。 かくとうタイプは相手に向かって拳をまっすぐ突き出すイメージです。

 

かくとうタイプはノーマルタイプのただ1つの弱点ということで、でんきタイプと同様にすぐ覚えることができました。

 

 

いわ、こおり、はがねは鍛え抜かれた拳で割り砕く、あくは悪い奴に対して正義の鉄拳を食らわせるイメージで覚えました。

 

少しメタ的なことを言うと、赤緑が発売された第1世代はかくとうタイプが不遇だったため、それを改善するために金銀でかくとうを弱点とするはがねタイプとあくタイプが追加されたという背景もあります。

 

 

弱点はひこう、エスパー、フェアリーの3つ。 ひこうタイプは空を飛んでいるため攻撃が届かず、エスパーとフェアリーは摩訶不思議な力に圧倒される感じでしょうか。

 

むし・どくタイプに対していまひとつなのは少し覚えるのに苦労しましたが、虫は小さい上にあちこち飛び回るため攻撃が当たりづらく、毒液に攻撃しても手ごたえがないという少々無理やりなイメージで覚えましたw

 

ノーマルタイプのところでも解説したように、ゴーストタイプに対しては実体がない幽霊が相手なので攻撃が当たらず、こうかはありません。

 

 

 

 

いわ

 

  • 攻撃側(いわタイプのわざで攻撃したとき)
    • こうかはばつぐん:ほのお、こおり、ひこう、むし
    • こうかはいまひとつ:かくとう、じめん、はがね
    • こうかなし:-

 

  • 防御側(いわタイプがわざを受けたとき)
    • こうかはばつぐん:みず、くさ、かくとう、じめん、はがね
    • こうかはいまひとつ:ノーマル、ほのお、ひこう、どく
    • こうかなし:-

 

いわタイプはとにかく硬い、このイメージで覚えました。

 

岩は氷よりも硬く、火に焼かれても燃えることはなく、鳥に向かって石を投げれば撃ち落とされ、小さな虫にとって大きくて硬い岩に押しつぶされる。 弱点を突けるタイプはこうやって覚えました。

 

 

逆に鋼鉄は岩よりも硬いためはがねタイプは苦手、水の流れでゴリゴリ削られ植物の根が巻き付けば動けなくなるためみずタイプとくさタイプも弱点、格闘技で岩を砕かれるので苦手です。

 

 

 

 

じめん

 

  • 攻撃側(相手に攻撃したとき)
    • こうかはばつぐん:ほのお、でんき、どく、いわ、はがね
    • こうかはいまひとつ:むし、くさ
    • こうかなし:ひこう

 

  • 防御側(相手の攻撃を受けたとき)
    • こうかはばつぐん:みず、くさ、こおり
    • こうかはいまひとつ:いわ、どく
    • こうかなし:でんき

 

じめんタイプは、一言で言うといわタイプと真逆な要素が多いイメージがあります。

 

いわタイプとじめんタイプは一見すると似ていますが、いわは硬いイメージで、じめんは逆に砂のようにさらさらとしていて柔らかいイメージです。

 

 

具体例を挙げると、

 

  • でんきタイプのわざを受けた時、いわタイプはこうかありだがじめんタイプはこうかなし
  • ひこうタイプのポケモンを攻撃した時、いわタイプはこうかばつぐんだがじめんタイプはこうかなし(空を飛んでいるので地震が当たらないイメージ)
  • いわタイプははがねタイプが弱点の1つだが、逆にはがねタイプはじめんタイプが弱点
  • じめんタイプはこおりタイプが弱点の1つだが、逆にこおりタイプはいわタイプが弱点

 

 

またじめんタイプはでんきタイプにばつぐんをとれる唯一のタイプであり、いわタイプと同様にみず・くさタイプが弱点です。

 

 

 

 

 

むし

 

  • 攻撃側(むしタイプのわざで攻撃したとき)
    • こうかはばつぐん:くさ、エスパー、あく
    • こうかはいまひとつ:ほのお、ひこう、かくとう、どく、ゴースト、はがね、フェアリー
    • こうかなし:-

 

  • 防御側(むしタイプがわざを受けたとき)
    • こうかはばつぐん:ほのお、いわ、ひこう
    • こうかはいまひとつ:くさ、じめん、かくとう
    • こうかなし:-

 

むしタイプは自然の中を飛び回る昆虫のイメージ。

 

芋虫などは植物を餌とするためくさタイプにはこうかばつぐん。

 

また、むしタイプのわざがあくタイプのポケモンにこうかばつぐんなのは、かの有名な仮面ライダーが元ネタという説もあります。(初代仮面ライダーはバッタの改造人間なので)

 

 

ただし炎には焼かれ、岩には潰され、鳥には食べられるのでほのお・いわ・ひこうタイプを苦手とします。

 

小さな虫1匹の攻撃は強靭な肉体を持つ格闘家には通用しません。

 

 

 

 

ひこう

 

  • 攻撃側(ひこうタイプのわざで攻撃したとき)
    • こうかはばつぐん:くさ、むし、かくとう
    • こうかはいまひとつ:でんき、いわ、はがね
    • こうかなし:-

 

  • 防御側(ひこうタイプがわざを受けたとき)
    • こうかはばつぐん:でんき、いわ、こおり
    • こうかはいまひとつ:くさ、かくとう、むし
    • こうかなし:じめん

 

ひこうタイプは翼を広げ大空を飛ぶ鳥を想像してください。

 

鳥は虫や植物の種を食べるイメージが強く、地上戦メインの格闘家も空を飛ぶ鳥相手では不利になってしまいます。

 

またつねに空中に浮いている状態であるため、「じしん」をはじめとするじめんタイプの技は効果がありません。

 

ひこうタイプの弱点は、「飛んでいる時に空から落ちてきたものでダメージを受けた」という連想(?)で覚えました。

 

  • でんき→落雷に打たれる
  • こおり→空から降ってきたあられやひょうにぶつかる
  • いわ→投げた石に当たり撃ち落とされる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こおり

 

  • 攻撃側(こおりタイプのわざで攻撃したとき)
    • こうかはばつぐん:くさ、じめん、ひこう、ドラゴン
    • こうかはいまひとつ:ほのお、みず、こおり、はがね
    • こうかなし:-

 

  • 防御側(こおりタイプがわざを受けたとき)
    • こうかはばつぐん:ほのお、かくとう、いわ、はがね
    • こうかはいまひとつ:こおり
    • こうかなし:-

 

こおりタイプはとっても冷たい氷や雪をイメージしてください。

 

植物は吹雪舞う寒冷の地域では成長できず、雪に埋もれてしまえばじめんも凍り付きます。

 

先ほども言ったように、空を飛ぶ鳥もあられやひょうに当たれば痛いことでしょう。

 

 

しかし氷は火などの熱いものに触れれば溶けてしまいますし、熟練した格闘技の達人ならば厚い氷も容易く割ることができます。

 

また氷は硬いですが、岩や金属よりは脆い

 

 

氷は元々水が低温で固形化したものなのでみずタイプはいまひとつ。 ただしフリーズドライ(元々は水分を含んだ食品などを急速に冷凍し、そのまま真空状態で乾燥させる技術のこと)はみずタイプにもこうかばつぐんなので油断は禁物です。

 

 

 

 

どく

 

  • 攻撃側(どくタイプのわざで攻撃したとき)
    • こうかはばつぐん:くさ、フェアリー
    • こうかはいまひとつ:どく、いわ、じめん、ゴースト
    • こうかなし:はがね

 

  • 防御側(どくタイプがわざを受けたとき)
    • こうかはばつぐん:じめん、エスパー
    • こうかはいまひとつ:くさ、かくとう、どく、フェアリー
    • こうかなし:-

 

どくタイプは、生物の体をむしばむ猛毒をイメージすると分かりやすいかも。

 

毒は体内に入ってじわじわ弱らせることを得意分野とするイメージがあり、そのため弱点を突けるタイプも毒が苦手な植物(くさタイプ)や妖精(フェアリータイプ)と少なめというイメージで覚えました。

 

逆にはがねタイプの鋼鉄の身体は毒液を一切通さず、弱らせることができません。 当然ながら毒を専門とするどくタイプにもこうかはいまひとつです。

 

 

 

 

エスパー

 

  • 攻撃側(エスパータイプのわざで攻撃したとき)
    • こうかはばつぐん:かくとう、どく
    • こうかはいまひとつ:エスパー、はがね
    • こうかなし:あく

 

  • 防御側(エスパータイプがわざを受けたとき)
    • こうかはばつぐん:むし、ゴースト、あく
    • こうかはいまひとつ:かくとう、むし
    • こうかなし:-

 

エスパータイプは超能力者のイメージ。

 

神経を集中させることで手に触れずとも物体を動かしたり、念動力で相手を吹っ飛ばすことができる超能力者はどんなに強い格闘家さえいとも簡単に倒してしまいます。

 

 

第1世代では他を寄せ付けないほどの強さを誇っていたエスパータイプですが、さすがに強すぎたのか金銀(第2世代)ではあくタイプが追加され、エスパータイプが無効化されると同時に弱点となりました。

 

むしタイプは本能の赴くままに攻撃するため動きを読みづらく、相手を驚かすことが大好きなゴーストタイプに対しては集中力を切らされがちなので苦手です。

 

 

余談ですが、第1世代では手違いでエスパーがゴーストにこうかばつぐんになっていました。

 

 

 

 

ゴースト

 

  • 攻撃側(ゴーストタイプのわざで攻撃したとき)
    • こうかはばつぐん:エスパー、ゴースト
    • こうかはいまひとつ:あく
    • こうかなし:ノーマル

 

  • 防御側(ゴーストタイプがわざを受けたとき)
    • こうかはばつぐん:ゴースト、あく
    • こうかはいまひとつ:むし、どく
    • こうかなし:ノーマル、かくとう

 

ゴーストタイプは薄暗い森や墓地を彷徨う幽霊やオバケのイメージ。

 

幽霊は常人にはその姿は見えず、実体がないため触れることができません。 ノーマルとかくとうタイプがこうかなしなのはそれが理由になっています。

 

またゴーストタイプのわざもノーマルタイプにはこうかなしであり、ゴーストとノーマルはお互い攻撃が効かないと覚えるとよいでしょう。

 

 

逆に、ゴーストタイプ同士ではお互いこうかばつぐんになる珍しいタイプであり、同じタイプが弱点になるのはゴーストとドラゴンだけなので覚えやすいかと思います。

 

 

 

 

ドラゴン

 

  • 攻撃側(ドラゴンタイプのわざで攻撃したとき)
    • こうかはばつぐん:ドラゴン
    • こうかはいまひとつ:はがね
    • こうかなし:フェアリー

 

  • 防御側(ドラゴンタイプがわざを受けたとき)
    • こうかはばつぐん:こおり、ドラゴン、フェアリー
    • こうかはいまひとつ:ほのお、みず、くさ、でんき
    • こうかなし:-

 

ドラゴンタイプは、巨大な翼で空を飛び、口から炎を吐くドラゴンをイメージ。

 

ドラゴンタイプのわざで弱点を突けるのはドラゴンタイプのみ。 こちらは先ほどのゴーストタイプと同じですね。

 

 

また私個人の主観的な話になって申し訳ないですが、ほのお・みず・くさ・でんきはゲーム序盤でもお世話になるタイプで、RPGなどでもよく見かける属性なので、「基本4タイプ」と呼んでいます。(あくまでも私個人の呼び名で公式ではありません)

 

ドラゴンタイプに対しいまひとつになるタイプを覚える際は基本4タイプとひとまとめにして覚えました。

 

伝説上のドラゴンや龍に関しても、突風や稲妻、爆炎など様々な森羅万象を司る存在として描かれることもあるためこれらのタイプに耐性があるのかもしれません。

 

 

そんなドラゴンの数少ない弱点の1つがフェアリータイプ。

 

おそらく獰猛なドラゴンを聖なる妖精の力でなだめ浄化するイメージでしょうか。 愛くるしいイメージの強いフェアリーが恐ろしいドラゴンを蹂躙するというギャップが強すぎたおかげかこの2タイプの相性はすぐ覚えられましたw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はがね

 

  • 攻撃側(はがねタイプのわざで攻撃したとき)
    • こうかはばつぐん:こおり、いわ、フェアリー
    • こうかはいまひとつ:ほのお、みず、でんき、はがね
    • こうかなし:-

 

  • 防御側(はがねタイプがわざを受けたとき)
  • こうかはばつぐん:ほのお、じめん、かくとう
  • こうかはいまひとつ:ノーマル、くさ、こおり、ひこう、いわ、むし、エスパー、ドラゴン、はがね、フェアリー
  • こうかなし:どく

 

 

第2世代で新たに追加されたはがねタイプは強固な鋼鉄をイメージしてください。

 

 

はがねタイプの相性を覚えるにあたり、最も印象的なのは耐性のあるタイプの多さ

 

はがねタイプは、なんと18タイプ中10タイプのわざをこうかいまひとつに抑えることができるから驚きです。 むしろこうかありになるタイプの方が少ないくらい。

 

 

鉄は岩や氷よりも硬く、妖精は鉄に弱いという特徴があります。 ディズニー映画「マレフィセント」でも、植物の妖精であるマレフィセントが金属に触れて火傷するシーンがあり、これでフェアリーのタイプ相性を覚えました。

 

逆にでんきタイプとみずタイプに対しての攻撃はこうかいまひとつ。 でんきタイプは金属は電気を通すため無効化され、みずタイプは水に触れると金属は錆びるためだと思います。

 

 

逆に火の熱で溶かされ、流砂に巻き込まれるなどして埋もれてしまい自慢の拳で砕かれるためほのお・じめん・かくとうタイプを弱点としてます。

 

はがねタイプに攻撃したときこうかありになるタイプは、他にみず、でんき、ゴースト、あくの4つ。 これらとこうかばつぐんになるほのお、じめん、かくとうとこうかなしのどくの計8つを覚えておけば、あとはこうかいまひとつになるタイプです。

 

 

 

 

あく

 

  • 攻撃側(あくタイプのわざで攻撃したとき)
    • こうかはばつぐん:エスパー、ゴースト
    • こうかはいまひとつ:かくとう、あく、フェアリー
    • こうかなし:-

 

  • 防御側(あくタイプがわざを受けたとき)
    • こうかはばつぐん:かくとう、むし、フェアリー
    • こうかはいまひとつ:ゴースト、あく
    • こうかなし:エスパー

 

あくタイプははがねタイプと同じく、第2世代で新たに追加されたタイプ。 これはロケット団のような悪い奴を想像してください。

 

あくタイプは、前世代で猛威を振るっていたエスパータイプに対するバランス調整のために追加されたという背景があり、そのためエスパータイプのわざは無効化され、あくタイプの攻撃はエスパータイプに対しこうかばつぐん。

 

おそらくゴーストと同じく、相手を怖がらせることが得意で精神を乱されることが由来かと思います。

 

 

逆に弱点となるタイプはかくとう、むし、フェアリーの3つ。 かくとうタイプは正義の拳で悪人が退治されるイメージ、むしタイプは人類の平和を脅かす悪の怪人と戦う仮面ライダー、そしてフェアリーは妖精の聖なる力で悪の心が浄化されるイメージです。

 

 

 

 

フェアリー

 

  • 攻撃側(フェアリータイプのわざで攻撃したとき)
    • こうかはばつぐん:かくとう、ドラゴン、あく
    • こうかはいまひとつ:ほのお、どく、はがね
    • こうかなし:-

 

 

  • 防御側(フェアリータイプがわざを受けたとき)
  • こうかはばつぐん:どく、はがね
  • こうかはいまひとつ:かくとう、むし、あく
  • こうかなし:ドラゴン

 

最後はフェアリータイプ。 これは第6世代(XY)で追加されたタイプです。

 

フェアリーはその名の通り可愛らしい妖精のイメージで覚えましょう。

 

 

フェアリータイプの相性における特徴は、まずドラゴンタイプに強いという点が挙げられます。

 

フェアリータイプの攻撃はドラゴンタイプにこうかばつぐんになり、逆にドラゴンタイプの攻撃はフェアリータイプにはこうかなし。

 

 

しつこいですが、巨大で獰猛なドラゴンが小さく愛嬌のある妖精に圧倒されるというギャップが、個人的にインパクト抜群ですぐ暗記できましたw

 

 

またあくとかくとうがフェアリーを弱点としているのも、邪悪な心と暴力の力を浄化するイメージで覚えました。

 

むしタイプの攻撃に耐性をもつのは、小さくて羽を持つという共通点があり、共に自然を司る存在であるから。

 

 

フェアリータイプの弱点であるどくとはがねは人間の科学と工業の発展に関わって来たものであり、自然の精霊であるフェアリーが苦手とするものです。

 

またフェアリータイプの攻撃をいまひとつに抑えるほのおタイプも同じく、自然の全てを焼き尽くす火が苦手です。

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、ポケモンの18タイプの相性とその覚え方の一例を紹介してみましたがいかがでしたか?

 

一部相性の由来が分からないものがあったため覚え方を全てまとめてはいませんが、それでも由来や元ネタから暗記できそうなものは全てまとめたつもりです。

 

 

タイプ相性をすべて覚えるのは大変かもしれませんが、最低限どのタイプがどのタイプに対しこうかばつぐんになるかくらいを覚えておけばバトルを有利に進められるかと思います。

 

 

それではみなさん、夢と冒険とポケットモンスターの世界を存分に楽しんでください!

 

 

 

 

複合タイプ&相性まとめ

 

ポケモンの複合タイプまとめ 相性まとめもあるよ!

 

 

 

-ゲーム

執筆者:

関連記事

マリオパーティもうすぐ20周年記念 歴代ソフトまとめ!(ナンバリング後編)

今回のテーマは、昨日のマリオパーティまとめ記事の続き。 ナンバリングシリーズの後編。 6~10、それとちょっと違うかもですが今年発売予定の100も入れています。   前編はこちらから マリオ …

ポケモン剣盾 鎧の孤島の配信日と冠の雪原のゲーム内容が解禁!

    先日6月2日22時、ポケットモンスターソード・シールド(ポケモン剣盾)の有料ダウンロードコンテンツ(DLC)である鎧の孤島・冠の雪原の詳細が公式サイトにて発表されました! …

ポケモン剣盾 夢特性ガラル御三家はキョダイマックスさせるべき?

        ※この項目には、ポケモン剣盾の有料DLCで追加される要素に関する不確定情報が含まれています。 まだ決定事項かどうかは分かりませんので悪しからず。 …

ロックマン11トレーラー動画公開! 発売日、対応ハードは?

全国、いや全世界のゲーマーの皆さん、朗報です!   なんと、1987年にカプコンから発売されたアクションゲーム、ロックマンシリーズの最新作「ロックマン11 運命の歯車!」が発売されることが3 …

no image

仮面ライダーのゲーム&アプリ新作の最新情報!(クライマックスファイターズとシティウォーズ)

    みなさん、昨日20時に「ニコニコ生放送」や「YouTube Live」で生配信された仮面ライダーゲームの特別番組は皆さんご覧になりましたか?   エグゼイドの飯島 …

最近のコメント