ぼちぼちカメさん 日常を綴る日記

好きな物や気になったものを紹介していきます

レビュー 特撮

仮面ライダーゼロワン DXエイムズショットライザーをレビューするぜ

投稿日:2019年9月11日 更新日:





ついにこいつをレビューするときが来たか…!

 

 

 

はい、というわけで今回は仮面ライダーゼロワンより、2つ目の変身ベルト「DXエイムズショットライザー」を購入して来ましたのでレビューしてみようと思います。

 

当初は10月に入ってから購入してレビューする予定でしたが、思っていたよりもお小遣いに余裕ができたので買ってきました。

 

まあこんな風に2週連続でDX玩具が買えるなんて奇跡は二度と起こらないと思いますので、次回以降はあまり期待しないでくださいねw

 

 

まあ雑談はこのくらいにして、早速ですがレビューに入りたいと思います。

 




 

 

 

 

 

セット内容・外見

 

まずはセット内容から。

 

 

 

セット内容はエイムズショットライザー本体、バックルパーツ、ベルト(左右)、ベルト留め、シューティングウルフプログライズキー、そして簡易説明書です。

 

 

飛電ゼロワンドライバーの時と同様に、詳しい説明書を見たい場合は「仮面ライダーおもちゃウェブ」の商品紹介ページからダウンロードしてください。

 

 

 

 

まずはエイムズショットライザー本体をじっくり見てみようと思います。

 

 

エイムズショットライザーは仮面ライダーバルカンの青がベースカラーで、それにSF映画にも出てきそうな近未来風の鋭利でメカニカルなデザインになっています。 銃身に走る3本のラインも近未来風のデザインを示すいいアクセントになっていると思っています。

 

同じ青系の銃型変身アイテムとして、ディエンドライバーも思い出しますね。(あちらはシアンですが)

 

グリップの方も、大人の私が握っても余裕があるくらいの大きさがあります。

 

 

 

裏面はこんな感じ。 電源スイッチとスピーカー、そしてバックルにセットするためのレールが付いています。

 

 

ショットライザーをセットするバックルも、近未来感が出ています。

 

 

DXエイムズショットライザーには、シューティングウルフプログライズキーが付属

 

 

 

 

ふんにゅ~~~~!!!

 

 

 

…っていうのは冗談で、玩具なので劇中とは違い力を入れなくても普通に開くことができます。

 

 

 

遊ぶ前の準備

 

まずはショットライザーで変身するための準備として、装着するベルトを組み立てようと思います。

 

ショットライザーに付属するベルトはゼロワンドライバーのものと違い、バックルの裏面にある2つの穴にベルトを通すタイプになっています。 エグゼイドのバグスターバックルと同じタイプと言えば分かりやすいでしょうか。

 

 

まずバックル左側の穴の内側からベルトLを通し、2つの突起のところまでで止めます。

 

 

 

 

 

次に右側の穴の外側からベルトRの穴が2つある方の端を通し、突起に穴を通し固定します。

 

 

 

 

続いてはベルト留め。 ベルト留めをどちらか片方の端に通します。

 

ベルトを腰に巻き、適当な場所で突起を穴に通し、そこにベルト留めをスライドさせれば完成です。

 

 

 

 

 

ただ、このタイプのベルトだと第2話で不破がやっていた「片方だけ伸びたベルトの状態で腰に巻く」っていう劇中の再現が難しいという難点があります。

 

 

 

 

一応穴に通したベルトLの突起で引っ掛け、両方のベルトの端を固定すればできないこともないですが、この状態で腰に巻くのはかなり難しいのであまりお勧めできません。

 

 

ショットライザーをセットする際は、裏面のレールをバックルのレールケースに沿って右上から左下へスライドさせます。

  

 

バックルにセットした図

 

 

取り外す際はグリップを握って逆方向に引っ張ります。

 

 

最後にショットライザーに電池を入れます。

 

ショットライザーの電池ブタはグリップの裏側にあり、細い棒などで丸いボタンを押しながら下へスライドさせて開きます。

 

 

単4電池2本を入れたら蓋を閉じて準備完了です。

 

 

 

 

 

 

単体遊び

 

まずショットライザーの電源スイッチをオンにします。

 

 

ショットライザー!

 

 

エイムズショットライザーは銃を兼ねた変身ベルトということでトリガーを引くと銃撃音が鳴り、銃口近くの小窓のLEDが白く発光します。

 

 

またバックル着脱時も音声が鳴ります

 

 

 

仮面ライダーバルカン&バルキリーに変身&必殺技!

 

さてここからが本番。 付属のプログライズキーを使って仮面ライダーへの変身遊びを解説していこうと思います。

 

まずゼロワンの時と同じく、シューティングウルフプログライズキーのボタンを押し音声を鳴らします。

 

 

バレット!

 

ボタンを押したらカバーを展開してキーモードにして、ショットライザーのスロットに、矢印の方向にセットします。

 

 

 

 

 

オーソライズ!

 

 

プログライズキーをスキャンしたわけじゃないのに何でオーソライズって言うの? と思った方もいるかもしれませんが、実はこのショットライザー、スロットにセットする際にプログライズキーがスキャンされることで連動する仕組みになっています。(おそらく赤い丸で囲んだあたりがスキャンエリア)

 

 

一見すると今までのベルトと同様にセットすることで音声が鳴る仕組みかと思いきやそうではなく、ゼロワンドライバーと同様にスキャン受付時間であるボタンを押してから30秒以内にスロットに挿入しないとうまく連動しません。

 

 

プログライズキーをセットすると、ショットライザーの方からKamen Rider !」という変身待機音が流れます。

 

ここまで仮面ライダーを主張するベルトも珍しいのではないでしょうかw

 

 

待機音が流れ始めたらバックルからショットライザーを取り外し、トリガーを引くと変身音声が流れます。

 

 

ショットライズ!

 

 

デンデンデーデーデーデデンデン!

 

シューティングウルフー!

 

 

The elevation increases as the bullet is fired!

 

 

これで仮面ライダーバルカンに変身完了です!

 

こっちの変身音もなかなかカッコいいですね。 ゼロワンドライバーと比べるとショットライザーはクールなかっこよさって感じですね。

 

ゼロワンにもあった英語音声も健在ですが、アーマー装着音声と重なってしまいほとんど聞き取れないのが惜しい。

 

 

窓からはプログライズキーのメカ骨格を見ることができ、ちょっとグロテスクな感じがしますが不思議と違和感なくエイムズショットライザーのデザインに溶け込んでますね。

 

ゼロワンドライバーの場合は一切見えないので、そういう意味でも対照的ですね。

 

 

 

 

 

 

続いては必殺技。 こちらはなんと2種類あり、バックルにセットしているかどうかで音声が少し変化します。

 

まずはバックルから外した、銃撃必殺技から行こうと思います。

 

最初にプログライズキーのボタンを押します

 

 

バレット!

 

 

ボタンを押すとプログライズキー側から必殺待機音が流れます。 この音声もかっこよくて好みです。

 

待機音が流れている間に、ショットライザーのトリガーを引くと必殺音声が発動します。

 

 

シューティング!ブラスト!

 

 

この必殺音声はプログライズキーから流れているため、この状態でトリガーを引くと銃撃音が鳴ります。

 

そのため、必殺音声に合わせてトリガーを引いて銃撃音を鳴らす、なんて遊び方もできちゃいます。

 

 

次はバックルにセットした、バルカンのライダーキック

 

操作自体は先ほどと同じで、バックルにセットした状態でプログライズキーのボタンを押し、待機音が鳴ったらトリガーを引きます。

 

 

バレット!

 

 

シューティング!ブラスト! フィーバー!

 

 

1つのベルトで2つの必殺技が出せるなんて、ちょっとお得な感じですね。

 

 

また、プログライズキーホルダーに付属しているラッシングチータープログライズキーを使うと仮面ライダーバルキリーに変身できます。

 


【送料無料】仮面ライダーゼロワン DXプログライズホルダー&ラッシングチータープログライズキー おもちゃ こども 子供 男の子 3歳

 

 

まず先ほどと同じくプログライズキーのボタンを押します。

 

 

 

ダッシュ!

 

第3話では、プログライズキーを閉じた状態で、バックルにセットしたショットライザーにセットしていましたが、玩具版でも同じようにセットできます。

 

 

オーソライズ!

 

 

Kamen Rider!  Kamen Rider!

 

 

セットしたら、プログライズキーを展開しトリガーを引いて仮面ライダーバルキリーに変身完了です。

 

 

 

 

 

ショットライズ!

 

 

デンデンデーデーデーデデンデン!

 

 

ラッシングチーター!

 

Try to outrun this demon and get left in the dust!

 

 

 

必殺技も同じように先にプログライズキーのボタンを押して発動できます。

 

 

 

 

ラッシング!ブラスト! フィーバー!

 

 

ちなみに、ショットライザーをバックルにセットしたかどうか、キーを展開するかどうかは音声に影響しません。

 

そのためシューティングウルフプログライズキーを閉じたままセットしたり、ショットライザーを取り外してラッシングチータープログライズキーでセットしたりといった具合に自分の好きなやり方で変身・必殺技遊びができます。

 

 

↓購入はこちらをクリック↓
【送料無料】 仮面ライダーゼロワン 変身ベルト DXエイムズショットライザー

 

 

 

 

他アイテムとも連動します

 

ここまで、エイムズショットライザーの遊び方を解説してきましたが、この玩具の面白ポイントはここだけではありません。

 

 

なんとこのエイムズショットライザー、ゼロワンドライバーと同じく他のプログライズキーとも連動するんです!

 

例えばゼロワンが変身に使用するライジングホッパープログライズキーも、セットすればちゃんと音声が連動します。

 

 

ライジングホッパー!

 

 

主役のベルトが連動するのはこれまで通りなのですが、サブライダーのベルト、それも主役のベルトと同時発売されたベルトも同様にプログライズキーごとに異なる音声が鳴るというのはなかなか高性能ですし、遊びごたえがありますね。

 

 

逆に不破と唯阿が使うプログライズキーも、飛電ゼロワンドライバーとも連動し、オリジナルの変身音声を聞くことができます。

 

 

バレット! オーソライズ!

 

 

 

撃ちまくまくりステイ! シューティングウルフー!

 

The elevation increases as the bullet is fired!

 

ダッシュ! オーソライズ!

 

 

スピーディナンダー! (ブ~ン!)ラッシングチーター!

 

Try to outrun this demon and get left in the dust!

 

 

これは「もし不破が或人のキーを使って変身したら(あるいはその逆)」という、本編では実現しないかもしれない妄想変身がはかどりますし、いろんなプログライズキーを買っていろんな音声を聞きたくなりますね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デメリット?

 

このような感じでプレイバリュー満点のショットライザーなんですが、遊んでいて1つだけ気になったことがあります。

 

それは、先ほども述べたプログライズキースキャンについて。

 

 

先述したように、エイムズショットライザーもゼロワンドライバーと同じようにスキャン機能を搭載しており、スロットに挿入するときにプログライズキーがスキャンされて「オーソライズ!」と音声が鳴るようになっています。

 

しかし、このスキャン機能はショットライザーの説明書には一切説明がないため、普通にセットして音声を連動させる仕組みだと思われがち。(私もそう思ってました)

 

 

私も、ショットライザーに初めてライジングホッパープログライズキーをセットした時たまたま反応せず音声が鳴らかなかったりずれたりしたことがあり、「もしかしてこのキーは連動しないのかな?」と一瞬疑いかけたことがあります。

 

しかしスムーズにプログライズキーをセットすることができればうまく連動させることができますし、実際何度か遊ぶうちに音声のずれはほとんどなくなりました。

 

 

が、ごくまれにプログライズキーの音声が全然鳴らない時もあるため、ハザードトリガーを遊び始めた時みたいにイライラこそしないけど少しテンションが下がりますね。

 

 

総評

 

というわけでエイムズショットライザーのもろもろを解説してみましたが、こちらもゼロワンドライバーと同じくものすごく楽しい玩具だと思いました。

 

変身ベルトと武器を兼ねているということでなりきり遊びもすごいはかどりますし、収録されている音声もかっこいいし、全てのプログライズキーと連動するしでまさにいいことづくめ。 本当に何回でも遊びたくなります。

 

 

ゼロワンドライバーと同じプログライズキーのスキャン機能が搭載されているためごくまれにうまく連動できない時がありますが、これはあまり気にならないレベル。

 

 

同じく変身ベルトであるゼロワンドライバーも今回紹介したエイムズショットライザーもどちらも魅力的ですが、同時発売なのでこの時期に両方購入するのは厳しいかもしれません。

 

なのでとりあえずは、自分が一番欲しいと思った方を購入するのがベストかと思います。

 

ともあれ、今回のレビューで少しでも興味を持った方は是非購入を検討してみてください。

 

 

 

 

 

 

-レビュー, 特撮

執筆者:

関連記事

マリオパーティ100は面白いのか? 個人的な評価・レビュー

昨年12月28日から発売されたニンテンドー3DS専用ソフト「マリオパーティ100 ミニゲームコレクション」。   歴代ナンバリングシリーズ(1~10)に登場したミニゲームから100個を厳選し …

仮面ライダーゼロワン情報解禁! キャスト、あらすじ、ナレーションが明らかに

ついにスウォルツ氏の王になるという野望が明らかになり、次回はなんとアナザーディケイドに変身するとクライマックスに向けて盛り上がっている仮面ライダージオウ。   そんなジオウの後を継ぐ、記念す …

ルパンレンジャーVSパトレンジャー 第1話ネタバレあり感想

  今回は今週からついに放送開始された戦隊シリーズ最新作「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(略してルパパト)の第1話「世間を騒がす怪盗さ」の感想を書きたいと思います。 & …

リュウソウジャー DXモサチェンジャー遊んでみた感想・レビューしてみた

6人目の戦士リュウソウゴールド登場し、みんな大好きワイズルーが戻ってきて、最高オブ最高な展開になりつつあるかもしれない騎士竜戦隊リュウソウジャー。   今週末には映画も公開され楽しみもますま …

仮面ライダーゼロワン ザイアサウザンドライバーをレビューするぞ

      みなさんこんにちは。 2020年に迎えて早くも1週間過ぎたわけですがまだまだ寒い日が続きますね。   さて、今回のテーマは新年に入って最初のレビュー …

最近のコメント