ぼちぼちカメさん 日常を綴る日記

好きな物や気になったものを紹介していきます

まとめ 特撮

戦隊・ライダー・ウルトラマン 平成の特撮ヒーローの歴史をまとめて振り返ろう!

投稿日:





今日は2019年5月1日。 新たな年号、「令和」の始まりを告げる日です。

 

平成時代を懐かしんだり、新たな令和時代に思いを馳せたりと、思い思いの時間を過ごしているかと思います。

 

そして平成と言えば、ウルトラマンや仮面ライダーなどの特撮ヒーローたちが多くの興奮と感動をもたらした時代でもあります。

 

この30年間で、どのようなヒーローが生まれ、どのような変化があったのでしょうか?

 

 

というわけで今回は、成時代を駆け抜けたヒーローたちの歴史を振り返ってみようと思います。





 

90年代 ~今こそ革命の時~

 

主な作品

 

  • 高速戦隊ターボレンジャー
  • 鳥人戦隊ジェットマン
  • 恐竜戦隊ジュウレンジャー
  • 激走戦隊カーレンジャー
  • 電磁戦隊メガレンジャー
  • 仮面ライダーBLACK&RX
  • 真・仮面ライダー
  • 仮面ライダーZO
  • 仮面ライダーJ
  • ウルトラマンティガ
  • ウルトラマンダイナ
  • ウルトラマンガイア

etc.

 

 

平成の始まりである1989年以降の90年代は、これまで続いていたヒーロー番組に大きな革新が起こった年という印象があります。

 

まずはスーパー戦隊。 1979年のバトルフィーバーJ以来休止もなくずっと続いていますが、同じような作風が続いたためにマンネリ化が起き、1990年放送の地球戦隊ファイブマンでシリーズ打ち切りの危機に陥りました。

 

打ち切りの危機を救った革命的作品となったのが、「鳥人戦隊ジェットマン」(1991年)と「恐竜戦隊ジュウレンジャー」(1992年)。

 

ジェットマンは、当時人気だったトレンディドラマをストーリーに取り入れ、戦隊メンバー内で1人の女性を取り合うドロドロの三角関係を繰り広げたり、敵幹部の1人にレッドの元恋人がいたりと「戦うトレンディドラマ」の名にふさわしい意欲作となりました。

 

ジェットマンのヒットで息を吹き返した翌年のジュウレンジャーでは、史上初のファンタジー戦隊となり、神と悪魔の闘い、巨大メカは守護獣というRPGのような要素を取り入れました。

さらにシリーズ定番のレギュラーの追加戦士(いわゆる6人目の戦士)が初登場し、海外版スーパー戦隊「パワーレンジャー」は本作がベースになってスタートしました。

 

ジェットマンがシリーズ復活の立役者ならば、ジュウレンジャーはシリーズに新たな風を吹き込んだと言えるでしょう。

 

本作以降、シリーズのモチーフや作風も多岐にわたるようになります。(中国拳法モチーフのダイレンジャー、ギャグ一辺倒のカーレンジャー、IT機器がモチーフのメガレンジャーetc.)

 

 

そして90年代と言えば、平成ウルトラマンが誕生した年代でもあります。

 

1996年、「80」以来実に16年ぶりのテレビシリーズ「ウルトラマンティガ」が放送開始されました。

 

本作のウルトラマンは光の国の宇宙人ではなく、3000万年前に地球に存在していた光の巨人、ストーリーが進むごとに徐々に伏線が回収されていく大河ドラマ的なストーリー、フォームチェンジなどこれまでのウルトラシリーズにはなかった様々な要素を取り入れ、主人公マドカ・ダイゴをV6の長野博さんが演じたことでも話題になりました。

 

 

翌年にはその続編として「ウルトラマンダイナ」が放送開始、主人公アスカ・シンを演じたつるの剛士さんは後にフジテレビのクイズ!ヘキサゴンでおバカキャラとしてブレイクしました。

 

「ウルトラマンガイア」では、もう1人のレギュラーのウルトラ戦士「ウルトラマンアグル」が登場、当初は人間と地球の在り方をめぐって対立していました。

 

 

仮面ライダーの方は、1989年に仮面ライダーBLACK RXを以ってテレビシリーズをいったん終了し、「真」、「ZO」、「J」といった映画やビデオ作品を展開

 

その後はジャンパーソンやブルースワット、ビーファイターなどのメタルヒーローが主流となり、そして…!

 

 

00年代 ~A New Legend~

 

主な作品

 

  • 仮面ライダークウガ
  • 仮面ライダーアギト
  • 仮面ライダー龍騎
  • 仮面ライダー電王
  • 仮面ライダーディケイド
  • 未来戦隊タイムレンジャー
  • 百獣戦隊ガオレンジャー
  • 轟轟戦隊ボウケンジャー
  • 侍戦隊シンケンジャー
  • ウルトラマンコスモス
  • ウルトラマンネクサス
  • ウルトラマンマックス
  • ウルトラマンメビウス
  • ウルトラマンゼロ

etc.

 

時は流れ、2000年。

 

 

2000年と言えば、そう、平成仮面ライダーがスタートした年!

 

 

新たなるヒーローとして登場した「仮面ライダークウガ」はこれまでのライダーと異なり改造人間ではなく、古代のベルトで変身するライダー。

 

改造人間ではなく、素質さえあればだれでも変身できるのが平成ライダーの特徴ですが、「仮面ライダーは敵と同じ力で変身する」ことは平成に入っても貫かれています。

 

また、複数の仮面ライダーが登場し、ライダーバトルが行われる、作品によっては「仮面ライダー」という呼称が使われないことも特徴。(いずれも平成1期に顕著)

 

仮面ライダーアギトと百獣戦隊ガオレンジャーが放送された2001年には、毎年恒例となるライダーと戦隊の夏映画もスタートしました。

 

 

2009年に放送開始された仮面ライダーディケイドは、記念すべき平成ライダーシリーズ10作目ということで様々なライダーの世界をめぐる物語が展開され、同時期に放送された侍戦隊シンケンジャーとの地上波での共演も実現しました!

またディケイドは、スーパー戦隊との放送時期をずらすため半年で終了し、次作「仮面ライダーW」以降のいわゆる「平成2期」は秋にスタートする方式に。

 

現在放送中のライダーと前作のライダーが大スクリーンで共に戦う「MOVIE大戦」シリーズも同年冬にスタート。

 

 

そのWも、放送終了後もなお熱狂的なファンを持ち、ビッグコミックスピリッツにて正統続編「風都探偵」が連載開始されるほどの人気作になりました。

 

 

 

 

 

 

 

2001年に放送開始した「ウルトラマンコスモス」も、怪獣たちとは基本的に戦わず救うスタンスを取り、本当に邪悪な敵には果敢に立ち向かうという、新たなヒーロー像を確立しました。

 

2005年「ULTRA N PROJECT」として「ウルトラマンネクサス」が放送されましたが、子供向けとは思えないハードな作風があまり受けず、放送時間短縮の憂き目に…(それでも根強いファンは多い)

 

 

その後放送された「ウルトラマンマックス」と「ウルトラマンメビウス」は原点回帰を意識し、特にメビウスは宇宙警備隊のルーキーということで昭和ウルトラマンとの共演も話題になりました。

 

 

そして大怪獣バトルの劇場版として公開された「ウルトラ銀河伝説THE MOVIE」で、ウルトラセブンの息子である新ヒーロー「ウルトラマンゼロ」と史上初の光の国出身の悪のウルトラマン「ウルトラマンベリアル」がデビュー。 彼らの長きにわたる因縁は、ここから始まりました。

 

 

そして2000年代と言えば忘れちゃいけないのが「イケメンヒーロー」

 

クウガのオダギリジョーさんやタイムレッドの永井マサル(現・永井大)さんが出演したのを皮切りに、金子昇さん、玉山鉄二さん、酒井一圭さん(ガオレンジャー)、松坂桃李さん(シンケンジャー)、志尊淳さん(トッキュウジャー)、杉浦太陽さん(ウルトラマンコスモス)、賀集利樹さん要潤さん(仮面ライダーアギト)、水嶋ヒロさん(仮面ライダーカブト)、佐藤健さん(仮面ライダー電王)、瀬戸康史さん(仮面ライダーキバ)、桐山漣さん、菅田将暉さん(仮面ライダーW)、福士蒼汰さん吉沢亮さん(仮面ライダーフォーゼ)、佐野岳さん(仮面ライダー鎧武)、竹内涼真さん(仮面ライダードライブ)などといったイケメン俳優がデビューしました。

 

このようにフレッシュな若手俳優を多く輩出するため、仮面ライダーやスーパー戦隊は「若手俳優の登竜門」と呼ばれるようになりました。

 

 

平成仮面ライダーをはじめとするこれらの新時代のヒーローたちは、新世紀を飾るにふさわしい伝説の始まりと言えるでしょう。

 

 

 

10年代 ~英雄は世代を超えて~

 

主な作品

 

  • 仮面ライダーオーズ
  • 仮面ライダーフォーゼ
  • 仮面ライダー鎧武
  • 仮面ライダーエグゼイド
  • 仮面ライダービルド
  • 仮面ライダージオウ
  • 海賊戦隊ゴーカイジャー
  • 特命戦隊ゴーバスターズ
  • 動物戦隊ジュウオウジャー
  • 宇宙戦隊キュウレンジャー
  • 快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー
  • 騎士竜戦隊リュウソウジャー
  • ウルトラマンギンガ
  • ウルトラマンX
  • ウルトラマンオーブ
  • ウルトラマンジード
  • ウルトラマンR/B

etc.

 

2009年夏に公開された映画「オールライダー対大ショッカー」では、ディケイドやWまでの平成ライダーだけではなく、1号~Jまでの昭和ライダーが集結するというお祭り映画。

 

この映画を皮切りに、スーパー戦隊や仮面ライダーでもこれまでに登場したレジェンドライダーやレジェンド戦隊が現在のヒーローと共演する機会がぐっと増えたように感じます。

 

2011年に放送された「海賊戦隊ゴーカイジャー」は、記念すべきシリーズ35作目ということで、ゴレンジャーからゴセイジャーまでの歴代スーパー戦隊にゴーカイチェンジでき、さらに過去に戦隊ヒーローを演じた俳優が当時と同じ役でゲスト出演するという、戦隊ファンにはたまらない豪華な番組となりました。

 

同じく記念作品である動物戦隊ジュウオウジャーでは、シリーズ通算放送2,000回を突破し、それを記念して28話と29話にゴーカイジャーが登場するというサプライズが!

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 4週連続スペシャル スーパー戦隊最強バトル!! 特別版[Blu-ray] 【BLU-RAY DISC】
価格:7078円(税込、送料無料) (2019/5/1時点)

楽天で購入

 

 

 

 

シリーズ恒例の巨大ロボ戦を前面に押し出した「特命戦隊ゴーバスターズ」、乗り換え変身でカラーと装備が入れ替わる「烈車戦隊トッキュウジャー」、いきなり9人組でスタートする「宇宙戦隊キュウレンジャー」、2つの戦隊が激突するという新機軸が話題を呼んだ「ルパンレンジャーVSパトレンジャー」など、40年以上続くシリーズということでこの時代は個性が光る作品も次々登場しました。

 

現在放送中の「騎士竜戦隊リュウソウジャー」は、恐竜と騎士をモチーフとした王道戦隊になっています。

 

 

平成ライダーの方も、MOVIE大戦シリーズが恒例化し、昭和と平成の歴代ライダーたちの共演も毎年の楽しみとなりました。

 

平成2期は平成1期以上に個性が際立ち、中には「これ本当に仮面ライダー?」と言いたくなるものも。

 

モチーフも宇宙飛行士(フォーゼ)、魔法使い(ウィザード)、フルーツ+鎧武者(鎧武)、オバケ(ゴースト)などいろいろ登場。 変身ベルトもやたらとやかましくにぎやかになりました。

 

変身アイテムも多岐にわたり、USBメモリ、メダル、スイッチ、指輪、錠前、ミニカー、目玉、ゲームカセット、ボトル、時計と身近なものがモチーフになっています。

 

「仮面ライダーオーズ」が変身に使用するオーメダルは、昨年のWのガイアメモリに次ぐ人気商品となり、変身ベルト「オーズドライバー」はあっという間に完売、本編のようにメダルの争奪戦が起きるという事態に。

 

この頃になるとスーパー戦隊も仮面ライダーもウルトラマンも大人向けの商品展開を開始し、通販サイト「プレミアムバンダイ」限定の商品や大人向けの変身ベルトシリーズ「COMPLETE SELECTION MODIFICATION」も人気。

 

そして、平成ライダー20作目にして、平成最後を飾るライダーが「仮面ライダージオウ」。 こちらもゴーカイジャーのように数多くのレジェンドが出演し話題を呼んでいます。

 

 

 

 

 

 

東映特撮ファンクラブやアマゾンプライムなどの動画配信サイト限定の作品も多く配信され、中でも地上波では絶対放送できないハードかつグロテスクな「仮面ライダーアマゾンズ」も話題になりました。

 

 

ウルトラマンは、これまでのウルトラ戦士たちの活躍を振り返る「ウルトラマン列伝」が2011年にスタート。

新しいウルトラマンこそ登場しないものの、40年以上続くウルトラマンの歴史を見ることができるということで約2年続く人気番組になりました。

 

その後放送開始した「新ウルトラマン列伝」内で、ニュージェネレーションヒーローズの先駆けとして「ウルトラマンギンガ」と続編「ギンガS」、翌年には「ウルトラマンX」が放送開始。 ギンガはスパークドールズで歴代ウルトラ戦士や怪獣に変身、Xはサイバー怪獣の鎧をまとうといった特徴があります。

 

列伝終了後はオーブ、ジード、ルーブと新時代を担う新たなウルトラ戦士が登場。 ここから敵味方共にウルトラ戦士や怪獣の力を秘めたアイテムを使用するのが主流になっていきます。

 

 

 

いかがでしたか?

 

平成30年間の戦隊・ライダー・ウルトラマンをざっくり振り返ってみましたが、1つの時代の間にも多くの変化や出来事があったことが窺い知れます。

 

今日から令和が始まったわけですが、時代が変わってもヒーローたちはこれまで以上に私たちに興奮と感動を与えてほしいですね。

 

 

 

 

-まとめ, 特撮

執筆者:

関連記事

HUGっとプリキュア(ハグプリ) 敵組織クライアス社の声優まとめ Part 2

早いものでHUGっとプリキュア(略してハグプリ)も折り返しに差し掛かりました。   プリキュアとクライアス社の戦いも後半戦に突入したということですが、折り返しということは新キャラの登場を意味 …

仮面ライダービルド エボルドライバーレビュー(連動編)

いやあ、今週の仮面ライダービルドも色々とやばい展開になってましたね。   ベルナージュとエボルトの因縁、エボルトを倒すただ1つの鍵、そして今度は戦兎がエボルトに乗っ取られると、まだまだ気が抜 …

仮面ライダージオウ 発売されたライドウォッチまとめ!

    ついに放送開始された「仮面ライダージオウ」。   歴代平成仮面ライダーの時代を巡り、その力を受け継いで戦うという、まさに平成最後の仮面ライダーにふさわしい壮大な物 …

歴代ウルトラシリーズのにせウルトラマン一覧まとめ!(ジードまで)

先週の「ウルトラマンオーブ THE CHRONICLE」では、オーブ屈指の神回と名高い「にせもののブルース」が放送されました。   地球侵略のためにオーブに化けたババルウ星人ババリューですが …

ゴーオンジャーVシネマ「10 YEARS GRANDPRIX」 当時のキャストが集結!

さて、今日も元気にスーパー戦隊のネタを探そうとパソコンの電源を付けたところ、とんでもない情報が飛び込んできました。             …

最近のコメント