ぼちぼちカメさん 日常を綴る日記

好きな物や気になったものを紹介していきます

まとめ ゲーム

スマブラSP 個人的に使いやすいと思ったおすすめファイターまとめ

投稿日:





みなさん、スマブラSP発売から1か月以上経過しましたがいかがお過ごしでしょうか?

 

私もCPUレベル5でようやく互角に渡り合えるド素人ですが、時に喜び時に苛立ちながらも楽しいスマブラライフを満喫しています。

 

 

さて、そんなスマブラSPの目玉と言えばそのファイターの数

 

本作ではこれまでスマブラに参戦したことがあるファイターが全員参戦するという奇跡のクロスオーバーが実現し、総勢74体(Miiファイターを含み、ポケモントレーナーを1体とカウントした場合)+DLCのファイターが一世一代の大乱闘を繰り広げるっていうんですから驚きです。

 

こんなにファイターの数が多ければ、だれを使いこなそうか迷っている方も多いかと思います。

 

 

そこで今回は、個人的に使いやすい、よく使っているマイキャラを紹介したいと思います。

 

あくまでもいちプレイヤーの意見なので、自分のマイキャラを決める際の参考にしていただければと思います。

 

 

※この情報はver.1.2.1時点のものです。 今後のアップデートにより性能が微妙に変化する可能性があるのであしからず。

 




サムス&ダークサムス

 

長所

  • 豊富な飛び道具を持ち遠距離戦が得意
  • つかみのリーチが長い
  • ワイヤー復帰ができる

 

 

短所

  • 動きがやや遅めで小回りが利きにくい
  • 掴みを外した時やチャージをキャンセルした時の隙が大きい
  • 身長が高く当たり判定が大きい

 

 

まず1人目はメトロイドシリーズの主人公のサムス及び彼女のダッシュファイターのサムスです。

 

なんといってもサムスの魅力と言えば豊富な飛び道具。 なかでも最大ためでとんでもない威力を誇るチャージショットは強力

 

その他にも、スティックの入力で性能が変化するミサイルや爆風でジャンプできるボムが使えます。

 

その他に、掴みのリーチが長く少し離れている相手もつかめますが、外すと隙だらけになります。 ワイヤー復帰もできます。

 

主な弱点は身長が高く当たり判定が大きいことと、少し小回りが利きにくいところです。 飛び道具主体なので反射・吸収されるリスクがあるところもデメリット。

 

動きがやや鈍く感じるところはありますが、様々な飛び道具で離れている相手も攻撃できますし、チャージショット最大溜めも溜めるまでが大変ですが非常に強力で頼りになります。

 

ダークサムスはサムスと基本的にほぼ同じ性能ですが、サムスの炎属性の攻撃の一部が電撃属性になっています。

 

 

 

ピカチュウ

 

長所

  • でんきわざがパワフル
  • 動きが素早い
  • 身長が低く技が当たりにくい
  • 復帰が得意

 

 

短所

  • 体重が軽くふっとばされやすい
  • 技のリーチがやや短い
  • スマッシュ攻撃は外した時の隙が大きい

 

 

続いては、前作forの頃からマイキャラとして使っているファイターの1体ピカチュウです。

 

私はどちらかというとスピード系のファイターをよく使う傾向にあり、運動能力が高く復帰が得意なピカチュウは好きでよく使ってます。

 

地形に沿って進むでんげきや一度だけ方向転換できるでんこうせっか、すり抜け床を貫通して頭上の相手も攻撃できるかみなりなど、必殺ワザも使い勝手の良いものがそろっています。

 

スマッシュ攻撃もパワフルですが全体的に技のリーチが短めで、隙も大きく吹っ飛ばされやすいのが弱点です。

 

そのためピカチュウを使う際はその高い機動力で敵の攻撃をかいくぐりつつダメージを重ねていき、ここぞというタイミングで強力な技を的確に当てていく必要があります。

 

 


ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ モンスターボール Plusセット- Switch

 

ゼルダ

 

長所

  • 技がパワフルで相手を撃墜しやすい
  • 必殺ワザが強力かつ便利
  • 復帰が得意

 

 

短所

  • 動きがやや遅め
  • 軽量級で吹っ飛ばされやすい

 

続いてはゼルダ

 

ゼルダは自身の持つ魔法力で技の威力をアップさせており、愛らしい見た目に反して技の威力の高いパワータイプのファイターとなっています。

 

さらに必殺ワザも便利なものがそろっており、前後に攻撃しつつ飛び道具も反射できる「ネールの愛」、好きなタイミングで爆発を起こせる「ディンの炎」、ボタンを離すタイミングでリーチと威力が変わる「ファントムアタック」等が使えます。

 

なかでもディンの炎は、好きなタイミングで攻撃できるため相手の動きを読んで狙い撃ちでき、牽制から復帰妨害まで多様な使い方ができ重宝しています。

 

弱点はパワー系らしく技の隙が大きいところと、軽くて吹っ飛ばされやすいところ。

 

 

 

マルス(&ルキナ)

 

長所

  • 剣先の攻撃が強力
  • 動きが素早い
  • カウンターが使える
  • シールドを削るのが得意

 

 

短所

  • 飛び道具を持たないため遠距離戦が苦手
  • リーチに慣れておかないと撃墜が難しい
  • 復帰がやや苦手

 

続いてはピカチュウと並び私のお気に入りのマルスとルキナを紹介します。

 

ファイアーエムブレムシリーズから参戦したマルスは同じ剣使いのリンクと違い剣だけで戦うのが特徴で、剣の先端が最も威力が高いという特徴があります。

 

そのため攻撃が届くギリギリの距離を保ちつつ攻めることで大ダメージを与え、重量級すらも圧倒することができます。

 

ピカチュウ同様フットワークにも優れており、相手の攻撃を華麗にかわしながら攻撃を当てるのが得意。

 

 

また横必殺ワザの「マーベラスコンビネーション」も前作以上にハイスピードになり爽快感が増した(ルキナ、ロイ、クロムも同様)ほか、通常必殺ワザ「シールドブレイカー」でシールド削りも得意

 

また相手の攻撃を受けることで反撃するカウンターも持っており、かちあがり乱闘やアドベンチャーのボス戦でも重宝します。

 

弱点は飛び道具を持たないため距離を取られると攻めづらいことと、剣先が届くリーチを理解しなければ強みを生かしづらいところ。

 

リーチによって攻撃時の斬撃音が異なる(後術のロイも同様)ので、攻める際はこれを目安にするといいでしょう。

 

ダッシュファイターのルキナはマルスとほぼ同じですが、どこに当ててもダメージは変わらないという違いがあります。 そのためリーチを気にすることなく攻めることができます。

 

 

 

ロイ(ファイアーエムブレム)

 

長所

  • 接近戦が得意
  • 動きが素早い
  • カウンターが使える

 

 

 

短所

  • 遠距離戦が苦手
  • 復帰がやや苦手

 

続いては同じくファイアーエムブレムシリーズから参戦したロイ。

 

ロイはマルスとは逆に剣の根元が最も強く接近戦においてその真価を発揮するファイターになります。

 

マルスと違いリーチを測ることなく、相手に接近すれば最大威力の攻撃を叩き込むことができるためそういう意味ではマルスよりも使いやすいといえるでしょう。

 

マルスと同様カウンターも使うことができます。 こちらはマルスよりも受付時間が短い分威力が高いです。

 

通常必殺ワザのエクスプロージョンは最大溜めで一撃必殺の威力となりますが、自分もダメージを受けてしまいます。

 

弱点はマルス以上に遠距離戦が苦手なのと、復帰が苦手なところ。

 

それから攻撃の多くが炎属性なので、ボムへいなどの爆発系のアイテムをうっかり攻撃してしまうと誘爆して文字通り自爆してしまうという欠点もあります。

 

距離を離されると辛いですが、逆にその素早さで相手の懐に潜り込むことができれば相手に大ダメージを与えることができます。

 

性能はマルスと真逆ですが、私にとってはどちらも使いやすくマイキャラの1人になっています。

 

 

 

アイク

 

長所

  • 技のリーチが長い
  • ふっとばし力が高い

 

 

短所

  • 技の隙が大きい
  • 復帰がやや苦手

 

 

続いてもまたまたファイアーエムブレムより、アイクです。

 

アイクはざっくり言うとロイをさらにパワー寄りにとがらせた感じのファイターで、剣の一振りが重くダメージにもよりますがスマッシュ攻撃はおろか強攻撃でも相手を吹っ飛ばすことができます

 

距離が離れている相手には横必殺ワザの居合斬りで距離を詰めつつ攻撃でき、上から攻めてくる相手には上必殺ワザの天空で攻撃できます。

 

さらにパワー系ファイターの中では運動能力は高い方で、攻撃がパワフルで技も使い勝手の良いものが多いのでマルスやロイほどではありませんが使う頻度は多い方です。

 

 

弱点としてはパワー系らしく技が大振りで隙が大きいのでスマッシュ攻撃が頻繁に使えません。 ほかの剣を使うファイター以上に使うタイミングを見極める必要があります。

 

もう1つは復帰が苦手なこと。 復帰に必要不可欠な上必殺ワザが剣を真上に投げた後キャッチしそのまま急降下する技なので足場までの距離が足りないとそのまま奈落の底へ真っ逆さま。

 

一応横必殺ワザで距離を稼ぐことができますが、下方向に吹っ飛ばされると復帰は絶望的。

 

 


ファイアーエムブレム無双 – Switch

 

 

ピット&ブラックピット

 

長所

  • ワザがシンプルで癖がなく使いやすい
  • 攻撃・防御・復帰のどんな局面でも対応できる

 

 

短所

  • ふっとばし力はやや低め
  • 技は一長一短でごり押しは苦手

 

続いては光神話シリーズの主人公ピットとダッシュファイターのブラピもといブラックピット。

 

ピットは必殺技で遠距離攻撃から防御までこなし、3回までできる空中ジャンプと飛翔の奇跡で高い復帰力を誇るオールラウンダー

 

空中攻撃も当てやすく、飛び道具を反射できる技も持っているのでどんな局面にも対応でき初心者でも簡単に扱えるファイター。

 

ほとんどの局面に対応できるため使いやすいですが、技の威力は少し控えめなのでごり押ししづらいのが弱点。

 

またそれぞれの必殺ワザは長所と短所がはっきりしており、局面に合わせてはっきり使い分ける必要があります。

 

 

 

 

パルテナ

 

長所

  • オールラウンダーで攻撃・防御ともに優秀
  • ダッシュスピードが速く、ジャンプが高い
  • 技のリーチが長い
  • 復帰が得意

 

 

短所

  • スマッシュ攻撃の隙が大きい
  • 当たり判定が大きい
  • 必殺ワザは一長一短で、臨機応変に使い分ける必要がある

 

続いても光神話シリーズの女神パルテナ様

 

パルテナ様もピットやブラピと同じく万能型で、牽制したりカウンター・反射を使ったりといろいろなことができます。

 

前作は最初から必殺ワザをカスタマイズできましたが、SPでは統一され、通常:オート照準、横:爆炎、上:テレポート、下:カウンター&反射板となりました。

 

長身な割に運動性能も高く、テレポートが好きな場所に瞬間移動できる技ということもあって復帰も得意

 

しかしパルテナの技はピット以上に癖が強く、スマッシュ攻撃も外せば隙だらけなので自分から攻めに入るというのが苦手なファイター。

 

そのためガンガン攻め入るというよりは、時と場合に応じて技を使い分けつつじっくり攻めるという戦法が向いています。

 

私の場合はパルテナの得意な攻め方が自分に合っていると感じたため、マイキャラとしてよく使っています。

 

 

 

 

ゲッコウガ

 

長所

  • 動きが素早く、ジャンプが高い
  • スマッシュ攻撃の範囲が広い
  • 復帰が得意
  • 必殺ワザでトリッキーな立ち回りができる

 

 

 

短所

  • 身軽なので吹っ飛ばされやすい
  • 必殺ワザがトリッキーで慣れるのに時間がかかる

 

 

続いてはポケモンXYよりしのびポケモンのゲッコウガ。

 

ゲッコウガはその忍者のような外見から分かるように、トリッキーな戦法が得意なスピードファイター。

 

身軽で足が速く、ジャンプが高くて復帰も得意です。

 

スマッシュ攻撃も範囲が広く、上スマッシュも上だけでなく前後に攻撃判定があるので便利。

 

好きな方向から反撃できるカウンターのみがわりや瞬間移動して攻撃するかげうちといった技を駆使すれば、動きを読みづらいトリッキーな立ち回りができます。

 

しかしこれらの技はトリッキーゆえに普通の技と同じようには扱えず、使いこなすには練習が必要。

 

 

 

ドクターマリオ

 

長所

  • マリオよりもパワーが強く、ふっとばし力が高い
  • 飛び道具の反射ができる
  • 投げが強い

 

 

短所

  • ジャンプが低く、復帰が苦手
  • 動きが遅い
  • リーチが短い

 

 

続いてはDXより参戦した、コスプレのマリオことドクターマリオ。

 

マリオと似通ったモーションやわざを持ちますが、ダッシュファイターではなく、最大の違いとして性能がパワー寄りになっているところがあります。

 

マリオよりもパワーが強く、相手を吹っ飛ばしやすくなっています。 上必殺ワザのドクターグーパンチはルイージのファイアジャンプパンチのように出だし際が最も強いです。

 

必殺ワザもDXの頃から変わらず、ドクタートルネードも下必殺ワザなので、わざわざジャンプして放つ必要もないので楽。

 

横必殺ワザのスカーフは下から上に振るようになり、縦の範囲が広いという違いも付けられるようになりました。

 

通常必殺ワザのカプセルも物理系の飛び道具なので、ファイアボールと違い吸収されることはありません。(反射されることはありますが)

 

弱点はマリオのモデル替えらしく技のリーチが短く、ジャンプが低いので復帰が苦手な点。 フットワークも良くないのでスピード系ファイターに圧倒されることもしばしば。

 

 

 

 

ルカリオ

 

長所

  • ダメージを受けるほど強くなる
  • 復帰性能もダメージが大きければ強くなる
  • カウンターが使える

 

 

 

短所

  • ダメージが低いとそこまで強くない
  • 技の隙は大きめ

 

続いてははどうポケモンのルカリオ

 

ルカリオは波導の力でダメージを受ければ受けるほど技の威力が増し、パワーアップできるのが最大の特徴。

 

そのため蓄積ダメージが溜まれば溜まるほど強くなり、相手を圧倒することができます。

 

その他にも横必殺ワザ「はっけい」のリーチが伸び、上必殺ワザの「しんそく」も移動距離が増し下手すれば画面の端から端まで移動できるようになれます。 復帰ミスに注意。

 

まさに「ピンチはチャンス」を体現したかのようなファイターで、アドベンチャーなどで一方的にダメージを受けるばかりでどうしても勝てない強敵に対してはルカリオを使うことがよくあります。 被ダメージや代償強化系のスキルを持っているスピリットとも相性バッチリ。

 

 

ダメージを受けていれば強くなるルカリオですが、それは裏を返せばダメージが少ないときはそれほど強くないということにもなります。 しんそくの移動スピードも短いので、ダメージが低い段階で場外に放り出されると復帰は厳しいです。

 

またスマッシュ攻撃は隙が大きいためスピード系のファイターが苦手です。

 

 

 

インクリング

 

長所

  • ダメージを蓄積させやすい
  • 技がシンプルで使いやすい
  • 相手を埋められる
  • 攻撃範囲が広い

 

 

短所

  • インク切れになると技の性能ダウン
  • インク補充中は無防備で、隙だらけ

 

 

続いては新ファイター、スプラトゥーンシリーズより参戦したインクリングです。

 

インクリングは原作と同じく様々なブキで相手をインクで塗りつぶすことができます。 インクまみれになったファイターは通常よりも受けるダメージが増え、相手を撃墜しやすくなります。

 

必殺ワザも相手を埋めることのできるスプラローラーやボタンを押す長さで飛距離を変えられるスプラッシュボム、好きな方向へ一直線に飛ぶことのできるスーパージャンプなど使い勝手の良いものが揃っています。

 

ただしインクを飛ばす技を使うとインク残量がどんどん減っていき、空になると一部の技が使えなくなり弱体化してしまいます。

 

インク残量が少なくなったときはシールドボタンと必殺ワザボタン同時押しでインク補充(原作のようにインクが塗られた場所でなくてもOK)すればまた使えるようになります。

 

ただし補充中は当然ながら無防備。 一気に補充するよりもこまめに補充した方が隙が少なくて戦いやすいです。

 


Splatoon 2 (スプラトゥーン2) – Switch

 

 

 

キングクルール

 

長所

  • 体重が重く吹っ飛びにくい
  • 2種類の飛び道具で遠距離戦もできる
  • お腹でのカウンター・スーパーアーマーがある
  • 復帰性能が高く、持久戦が得意
  • 相手を埋める技を持つ

 

短所

  • 技の隙が大きい
  • 巨体のため当たり判定が大きく、攻撃が当たりやすい
  • お腹で攻撃を受けすぎるとブレイクし、ふらふら状態になる

 

 

さて、今回最後に紹介するファイターは、ファン念願の参戦を果たしたキングクルールです。

 

キングクルールはその見てくれ通りパワーファイターで、隙は大きいがふっとばし力の高いパワフルな技を使います。

 

さらに原作と同じ2種類の飛び道具を持ち、遠距離戦もこなせる上に上必殺ワザの上昇距離も長く復帰も得意で、持久戦に持ち込むことができます。

 

さらにクルールを解説する上で外せないのがそのお腹。 下必殺技のカウンターで反撃できるほか、お腹で攻撃する際はスーパーアーマーなので相手の攻撃を耐えつつ反撃することができます。

 

ただしこのお腹は相手の攻撃を受け続けると段々ひび割れていき、最後には壊れてふらふら状態になってしまうので過信は禁物です。

 

 

私は動きが遅いファイターはあまり使わないのですが、クルールは使いやすく便利な飛び道具を持っており、復帰力も高いのでパワー系の中ではよく使う部類に入っています。

 

 

以上、私がよく使う・個人的に使いやすいと思うファイターをまとめてみましたが、いかがでしたか?

 

自分が得意な・好きなファイターを見つけ、そのファイターを使いこなす練習を重ねることがスマブラ上達の近道だと私は思いますので、是非ともこの記事を参考にマイキャラを見つけてみてください!

 

 

 

 

 

 

 

-まとめ, ゲーム

執筆者:

関連記事

no image

HUGっとプリキュア(ハグプリ)おもちゃ&限定ミライクリスタル情報まとめ

  今週、キラキラプリキュアアラモードが実質的な最終回を迎えました。   これまで出会った人々から受け取ったキラキラルの力でアニマルプラネットスイーツを完成させ、世界を救うという驚 …

ポケモンオブザイヤー結果発表! 1位は誰だ!? ジャンル別ランキングもあるよ!

    みなさん、元気にお過ごしでしょうか?   全国的にコロナウイルスの被害が拡大し、散々なうるう年となってしまいましたが、各々が感染予防に努めストレスをためないように …

ポケモン剣盾「EXPANSION PASS」 新ポケモン、新キャラetc.情報解禁!

      みなさん、先週木曜日(2020年1月9日)に生放送されたポケモンダイレクトご覧になりましたか?     ポケモンふしぎのダンジョン最新作に …

あのデジモンは何位? 歴代デジ民投票の結果まとめ!

      みなさんは「デジ民投票」と呼ばれる企画をご存知でしょうか?     デジタルモンスター(デジモン)の公式情報サイト「デジモンウェブ」(ht …

ニンテンドーダイレクト(2019.09.05) スマブラやどう森、ゼノブレイドも!?

2019年9月5日朝7時、ニンテンドーダイレクトが放送されました。   いつも驚きの新情報をこれでもかと解禁する任天堂ですが、今回も世界中のゲーマーたちをうならせる新情報の嵐で、私も幾度とな …

最近のコメント